記憶と記録

見えたことは事実ではなく自分というフィルタを通した記憶であり、さらに記憶は記録で上書きされる。写真とカメラ関係のブログです。




富士フィルムのフィルムシミュレーションASTIAを再現してみた

 富士フィルムのX-T2で遊んでいます。

 富士フィルムと言えばフィルムシミュレーションが特徴です。どのような処理をしているのか確認してみましょう。

 

 下の写真は、上:RAW(カメラの画像エンジンを通っていない画像)、中:ASTIA,下:私がLightroomでRAWを補正した画像です。

 真ん中の写真を見ると、コントラストが強くシャープネスも高いと感じます。RAWファイルを触った印象だと、コントラストはLightroomのトーンカープでコントラスト(強)の設定程度。シャープネスは適用量70くらい。

 真ん中と下を比べると、大体同じ感じかなっと思います。下の写真は結構いじっていて、ホワイトバランス(5350K)、露光量(+1.15)、ハイライト(-35)、シャドウ(+35)、白レベル(+14)、黒レベル(-6)、トーンカーブ(コントラスト(中))、自然な彩度(+20)、シャープ(+60)。

f:id:kota2009:20190720131427j:plain

f:id:kota2009:20190720131428j:plain

f:id:kota2009:20190720131428j:plain

上:RAWファイル、中:ASTIA(暗部階調+1, シャープ+1)、下:私の現像


まとめ 

 ASTIAは結構コントラストが強めで、シャープネスも強めのようです。

 

使用機材

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2

FUJIFILM 単焦点標準レンズ XF35mmF1.4 R

お題「カメラ」

 

植物の写りが大切

  スナップで被写体をみつけたとき、背景に植物を探す。

 植物って人の目を引く力が強くて構図をまとめやすいから。

f:id:kota2009:20190720131235j:plain

植物の表現

 富士フィルムのX-T2を手に入れたので、色々試しています。植物を綺麗に撮れると、構図を作りやすい。そこで、植物がどう写るか試したのが上の写真です。フィルムシミュレーションはASTIA。
  綺麗に撮れるものだと感心しました。

 

使用機材

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2

FUJIFILM 単焦点標準レンズ XF35mmF1.4 R

お題「カメラ」

 

富士フィルムX-T2で撮る新宿

 富士フィルムのX-T2を手に入れました

 新宿のカメラのキタムラさんでX-T2を買って、ヨドバシカメラで液晶保護フィルムとレンズカバーを買い、新宿三井ビルディングでお昼ご飯を食べながら液晶保護フィルムとレンズカバーを取り付けました。

 撮影準備完了です。

 富士フィルムの操作体形はちょっと特殊で、ISO感度、シャッター速度、レンズ絞りのそれぞれに操作ダイヤルがあります。食後のコーヒーを飲みながら、どういう設定が使いやすいのだろうか?フィルムシミュレーションは何が良いのだろうかと、設定メニューを触っていました。

 結局、ISO感度オート、シャッター速度は1/125秒固定、レンズ絞りは撮影毎に決める、またフィルムシミュレーションは、ASTIAにして一日撮ってみることにしました。

 

使ってみて思ったこと

   レンズはXF35mm F1.4をつけ、カメラとレンズで600g。軽いですね。カメラ本体の厚みが薄いこともあって、どこにでも持っていけそうです。ニコンD90は、私には重くなってきていたので助かります。

 

  EVFは広い、めちゃくちゃ見やすい。視野率が大きいので使いやすいです。構図を決めるときは、意識して四隅に視線を向けないと端を見落とすほどです。

  さらに縦チルトは凄く良いです。ローアングルの縦位置撮影がすごく楽。ネットの写真を見ていても、ローアングル縦位置で撮った写真は少ないので、これだけで武器になります。当たり前ですが、カメラ向きを逆にすればハイアングルの縦位置撮影も楽勝。

 

 シャッター速度を1/125秒固定にしていても、リアダイヤルで変更できました。不思議な仕様ですが、これが使いやすい。

 構図を考えて被写界深度を決めると、レンズの絞りが決まります。シャッター半押しで露出が決まり、もう少し明るくしたいなど露出を変えたいときはリアダイヤルでシャッター速度を変えることで、調整できます。

 

  撮れた写真は、迫力のある感じになりました。ソフトフォーカスでフワフワした感じや、色がふんわりしている感じを出すには、階調やシャープネスを調整する必要があるのでしょう。いつか試してみます。

 

 下の写真は暗部が締まっていること、座っている人がくっきりしていることから、妙に迫力あります。くっきり感は、レンズのせいでしょうね。f1.4で撮りました。

f:id:kota2009:20190720131426j:plain

新宿の街、なんだか迫力のある写り

 

まとめ

  手にもっった感じ、操作した感じ、撮影した感じ。いわゆるルックアンドフィールはとても気に入りました。素晴らしいです。

  写真の質に関しては、自分の中で使いこなせていないのでまだよく分かりません。一方で、私の使っているニコンD90と比べるとテイストの異なる写真が出てくるので、この両者の写真を比べることは良い勉強になります。

 

f:id:kota2009:20190720131852j:plain

ただ撮っただけ

使用機材

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2

FUJIFILM 単焦点標準レンズ XF35mmF1.4 R

 

富士フィルムのX-T2を手に入れました

 新たにカメラを手に入れました。富士フィルムのX-T2。既にカメラはたくさん持っていて、それらに十分満足しています。それなのに何故新たにカメラを買ったか書いてみます。

 

なぜ新たにカメラを手に入れようと思ったか?

 今使っているカメラに不満はありません。

 私はニコンD90を使っています。古いカメラですが画質も実用レベルで使い勝手も良く満足しています(私が今でもニコンD90を使い続ける理由)。今年は、このD90を使って富士フィルムの写真展に出しましたが、他の方の写真と比べて画質で見劣りすることは全くありませんでした。

 写真展に参加して、新しいことを試すというのは楽しいと感じました。「新しいこと」というキーワードで色々考えているうちに、自分の撮影スタイルがカメラに制限されているかもしれないと思い至り、自分を揺らすために新たにカメラを手に入れてみることにしました。

 

なぜ富士フィルムなのか?

 今ニコンD90を使っていることを考えると、ニコンD7500が本命です。しかし、これはシャッター音が好みでないので候補から外しました。

 本命のD7500が外れると、選択肢が広がります。そこで欲しいものを整理しました。

 フルサイズカメラは、まず最初に選択肢から外しました。レンズは大きく重く高価ですから。APS-Cで探すと、ソニー、キヤノンはフルサイズに比べAPS-Cには力が入っておらず、富士フィルムだけがAPS-Cに力を入れているようです。そこで富士フィルムのカメラから探すことにしました。

 

なぜX-T3でなくX-T2なのか?

 今最新機種はX-T3ですが、X-T2を選びました。X-T3でないのは、お金の都合です。

 ネットで両者の違いについて情報を集めると、画質は同等、バッテリの持ちはX-T3が上という感じでした。X-T3のウリは、動画性能と、瞳AFですが、こちらは私には不要な機能なので気にしません。

 

なぜX-T20でなくてX-T2なのか?

 X-T2をスペックダウンした機種X-T20でも良かったのですが、二つの点が決め手になりました。一つ目はEVFがX-T2の方が大きいこと(視野率が大きい)、二つ目は縦チルト液晶があること。特に縦チルト液晶には期待しています。

 

どこで買ったか?

 X-T2の新品はもう手に入らないので(レンズキットは売っているところもあるようですが)、中古品をカメラのキタムラさんで買いました。カメラのキタムラを選んだのは、実際にモノを見てから買う買わないの判断ができることと、半年の保証が付いているためです。

 ネットで中古品を買うのはリスクがあります。カメラのキタムラさんでは、近くの販売店に取り寄せてもらって物を見てからでも、気に入らなかったら買いませんと言ってキャンセルすることができます。すごく安心感があります。

 また中古品は前オーナがどんな使い方をしてきたか分かりません。だからこそ半年保証は助かります。今買うと、夏の高い気温と冬の低い気温の両方の負荷をかけて試せるることも安心感があります

 

レンズは何を買ったか?

 私はズームレンズをあまり使わないので、単焦点レンズを買いました。標準レンズで探すと、二つのレンズがあることが分かりました。XF 35mm F1.4とXF 35mm F2。ネットで情報を探すと評判がわかりました。

 

XF 35mm F1.4

  • AFは遅い
  • AFの精度は疑問、ピントが甘い写真が撮れることもある
  • 画質は良い、個性もある
  • 防塵防滴ではない

 

XF35㎜ F2

  • AFは速い(XF35㎜ F1.4と比べて)
  • AFの精度に問題は無い
  • 画質は良いが、個性のない優等生的な写り、ただし樽型にひずむときがある
  • 防塵防滴

 

結局XF 35mm F1.4を買いました。きっとXF 35㎜ F2スの方が使いやすいのだろうけど、スペック上こちらが後々気になることは想像できたから。

 

まとめ

 カメラは持っているのだけど、富士フィルムのX-T2+XF 35mm F1.4を買いました。新たなカメラを手に入れると刺激になるかと思ったため。

 

お試しショット

 新宿のカメラのキタムラさんでX-T2を受け取った後、そのまま新宿ゴールデン街に行ってカメラ任せに撮ってみました。D90とは違った写りになって面白い。

f:id:kota2009:20190720133147j:plain

新宿ゴールデン街(JPEG撮って出し、ASTIA)

 

締めのラーメン

  飲んだ後のラーメンはうまい。でも体に悪い。

 最近やってなかったのだけど、久しぶりに締めのラーメン。

 今朝は胃が気持ち悪い。飲みすぎ注意、食べすぎ注意、締めのラーメン禁止。

f:id:kota2009:20190714200835j:plain

f:id:kota2009:20190714200441j:plain

締めのラーメン

 飲み会の後、酔ったまま撮った写真。何が撮りたかったのでしょうね?その時の私は。

  

使用機材

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

OLYMPUS PEN mini E-PM2

お題「カメラ」

 

50,000人の写真展に参加したよ

 富士フィルムの50,000人の写真展に参加しました。良いイベントだと思います。このイベントを企画運営した富士フィルムの皆様に感謝いたします*1。 

 この写真展に関してまとめを作っておきます。

 

50,000人の写真展とは何か?

photo-is.jp

 

 誰もが参加できる写真展です。参加した写真は希望の会場に貼られます。参加料は実質450円。この450円で台紙を購入し、その台紙に四切サイズでプリントした写真を貼って富士フィルムに送るだけです。

 私は、写真のプリントを富士フィルムさんにお願いしました。プリント代込みで1500円でした(安い!)。

 

なぜ50000人の写真展に参加したのか?

 私は普段ネットに写真を上げていますが、写真展に参加したことはなありません。そこで、一番敷居の低そうな写真展で参加してみようと考えました。他の人の写真と自分のものが並ぶのは、それなりに緊張感があり刺激になりそうです。まぁ簡単に言えば、楽しそうだったから。だって50000人も参加するのだから、楽しくない訳が無い。

 

 参加してどう思ったか?

delight.hatenablog.com

 私の写真は六本木の東京会場に貼って頂き、そこに観に行きました。面白かった。楽しかった。考える材料がたくさんありました。

 会場には本当にたくさんの写真が貼られており、多数の写真の中で目立つにはもっとインパクトのある写真が必要だと感じます。「綺麗に写しただけ」「何を言いたいのか分からない」、写真雑誌でよく見かける言葉です。被写体は綺麗だけど、カメラマンの存在感が無いという意味でしょう。この言葉の意味が、たくさんの写真を一度に見ると、本当に分かります。綺麗なモデル、可愛い子供・猫・犬、桜・花などを写した写真ばかり並ぶので、この中で抜きんでるにはプラスアルファが必要です。

 また、会場に貼られた写真には評価情報の無い点も新鮮で、普段自分が他人の付けた評価に影響されていることに気付きます。ネットで写真を見る時、「イイネ」の数、閲覧数、はてなスター数など、他人の付けた評価情報が付与されています。写真を見る時にどうしても他人の評価情報に自分の判断が引きずられます。この展示会では、そういう情報はありませんので、自分だけが評価尺度です。たくさんの写真を眺めていると、自分の好き・嫌いが分かってきます。

 

 最後に、来年も出してみようという気持ちになりました。会場内で目立つインパクトのある写真を撮ることを目指して、この一年間過ごしてみようかと思います。「インパクト」というキーワードをみつけたことが、この写真展に参加した最大の収穫です。

 

まとめ

 富士フィルムの50,000人の写真展に参加しました。

 たくさんの写真の中に自分の写真が並ぶのはとても刺激的でした。ネットでは一枚づつしか表示されない写真が、どーんと目の前に一気に並ぶ光景は迫力がありました。多くの写真の中で目立つには、綺麗なだけでは不足なのだと感じます。プラスアルファが必要。そう考えているうちに「インパクト」というキーワードをみつけました。

 楽しかったので、来年も参加しようと思います。費用も安いですし。

 

おまけ

delight.hatenablog.com

 今回は、ニコンD90という11年前のカメラで撮った写真で応募しました。画素数1200万画素。ネット上で”A3プリントには1200万画素あれば十分”という意見をよく見かけます。実際に、今回は四切サイズでしたが、他の写真と比べても1200万画素で十分でした。

f:id:kota2009:20190328063000j:plain

50,000人の写真展2019の応募写真

お題「カメラ」

 

*1:事務局・裏方さんのことを考えると物凄く面倒くさいイベントだと思います。写真や絆ポストと呼ぶメッセージなど多くの紙を扱うことを想像すると、頭が下がります。

逆さグラス

 とあるバーのカウンターに並ぶグラスが面白く見えた。綺麗に整列しているのがいい。一つだけ形の違うグラスが混ざっているのが良い。

f:id:kota2009:20190311122509j:plain

逆さま


  同じ形が繰り返されるとパターンになります。パターンをみつけると、面白く見える角度がないか、探してしまいます。

 

 

 

使用機材

Nikon デジタルカメラ COOLPIX S9900

お題「カメラ」