カメラブログ

 趣味でカメラを触っています。カメラ関係の内容を記すことにします。被写体になっていただける方募集しています。宣材写真も撮ります。




ポートレートの難しさ

https://www.instagram.com/p/BagWlDNF9jT/

#harajuku #omotesando #tokyo #japan #cafe #town #tokyocameraclub #原宿 #東京 #日本 #表参道 #東京 #東京カメラ部 #写真好きな人と繋がりたい #ポートレート #portrait #モデル #ファッション #モデル募集 #nikon #model

 

 ポートレートは難しい。

 何枚も撮っていると単調になってくる。どれも同じ写真に見えてくる。他人の撮ったポートレートと自分の撮ったものとの違いも殆どない。

 もちろん被写体(モデル)の違いはある。カメラマンにとってそこに意味はない。

 

 カメラマンの青山裕企さんは、女子高生の記号化を進め、顔を写さない写真を撮っている。被写体(モデル)の違いに関係なく、一般化された女子高生という属性を突き詰めた写真を撮っているのだ。 

 

 ポートレートを撮るとき、哲学者ソシュール記号論を思い出す。彼は記号を、シニフィアンsignifiant)とシニフィエsignifié)に分けた。シニフィアンは形や音、意味を運ぶメディアで、シニフィエがそれによって運ばれる意味のこと。

 青山裕企さんは、シニフィアンとして被写体(モデル)を画一化するために顔を写さない。結果としてシニフィアンは女子高生というものに収束する。収束したシニフィアンで、強い意味(シニフィエ)を表演しようとしている。

 

 一方、平凡なポートレートは、モデルというシニフィアンの違いはあっても、伝わる意味(シニフィエ)はありきたりで類似したものである。

 

ソシュールを読む (講談社学術文庫)

ソシュールを読む (講談社学術文庫)

 

 

 

  

 

 

 

 

写真の主題の伝え方

https://www.instagram.com/p/BaQWJXyF6bF/

Harajuku is known as not only a pop cultural area but also high brand shops gathering area in Japan. Many women enjoy shopping and walking around there.#harajuku #omotesando #tokyo #japan #cafe #town #tokyocameraclub #原宿 #東京 #日本 #カフェ #表参道 #東京 #東京カメラ部 #nikon #写真好きな人と繋がりたい #ポートレート #portrait #モデル #ファッション #モデル募集

 

  写真の主題を伝えるには定番の手法がある。

  人が写真を見たとき、その中のどこを見るかについて一定の法則がある。この法則を使って、撮り手は写真を見る人にメッセージを伝える。

  しかし撮り手の先入観はメッセージの邪魔をする。例えば、原宿の雑踏の中で友人を撮る時、撮り手の注意は友人に集中する。一方、写真を見る側は多数写っている人の中で誰が主題かを見分けることは難しい。

  上の写真を見て欲しい。真ん中の女性に視線が集中する筈だ。この女性が主題であることが分かるだろう。この女性以外がブレていることで、それらが主題でないことを伝えている。同時に雑踏の中で人が動いている様子を表す。

 

 

使用機材

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN mini E-PM2 レンズキット ホワイト E-PM2 LKIT WHT

 

 

 

 

奇妙なものは素直に撮る

https://www.instagram.com/p/BaJeFYCFCvW/

Walk around Harajuku in Japan and enjoy pop culture there. You see anime-shops and shops for girls.#harajuku #tokyo #Japan #girl #walk #town #popculture #anime #streetphotography #tokyocameraclub #原宿 #東京 #日本 #街 #ストリート #アニメ #東京カメラ部 #写真好きな人と繋がりたい

 

原宿はポップな街だ。

ポップなお店や人が溢れている。普通に考えれば奇妙なことだ。

上の写真は、その奇妙なものを素直に撮った。まっすぐ正面から縦横をしっかり出すように、被写体が奇妙なのだからただ素直に撮れば良いと思った。

 

使用機材

SIGMA ミラーレス一眼 sd Quattro H

SIGMA 広角レンズ Art 24mm F1.4 DG HSM ニコン用 401559

Fujifilm X-E3の重さを比較してみた

 FujifilmのX-E3がカッコイイ。その上、画質はX-T20, X-T2と同じだ。

 もう一つの売り文句は軽いこと。どれほど軽いのか調べてみた。

  Fujifilm X-E3 Fujifilm X-T20 Olympus OM-D E-M5 MarkII Olympus OM-D E-M10 MarkIII
本体重量 287g 333g 417g 362g
防塵防滴 × × ×
レンズ重量 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
310g

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
310g

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
382g
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
382g
合計重量  597g  643g  799g  744g

 合計重量は、私の欲しいレンズを装着した場合で算出した。

 

   確かにX-E3は軽い。

 

 

ビジュアルウエイトでバランスをとる

https://www.instagram.com/p/BZ57o2qFu5W/

KyotoKyoto is one of the most popular sightseeing spots in Japan. Kyoto has many temples and mountains, Japanese cultural restaurant. You can enjoy Japanese culture there.I took this photo in Kyoto at sunset time. The sky turned purple.#japan #kyoto #sunset #temple #trip #tokyocameraclub #日本 #京都 #夕焼け #寺 #旅行 #東京カメラ部

 

  京都清水寺の夕暮れを撮った。

  夕暮れのマジックタイムは空の色が綺麗に写る。この魔法の時間は短い、日の入り時刻前後の20分程だ。

  ビジュアルウエイトの観点で上の写真を見ると、左側が重くバランスが悪い。右側に大きな雲があると左右のバランスが取れる筈だ。

  風景写真の難しいのは、ごく短いマジックタイムに都合良く雲が浮かんでいるとは限らないことだ。風景写真はレアな瞬間を忍耐で待ち続けるものだと思う。

 

f:id:kota2009:20171008201948j:image

上は京都鉄道博物館から撮った京都の風景。右側にお寺の塔をいれている。日本人にとってお寺の塔は見慣れた形であるためビジュアルウエイトが大きい。左側のビジュアルウエイトが重くならないように、塔は小さく写している。随分小さく写した塔だが、視線は塔に誘導される(日本人限定だけど)。

 

使用機材

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN mini E-PM2 レンズキット ホワイト E-PM2 LKIT WHT

 

ビジュアルウエイトに関しては構図の法則を参照下さい。

 

ナショナル ジオグラフィック プロの撮り方 構図の法則

ナショナル ジオグラフィック プロの撮り方 構図の法則

 

 

delight.hatenablog.com


 

 

 

秋なら絶対撮りたい、うろこ雲

https://www.instagram.com/p/BZ5k5PiFGmt/

Autumn SkyIn autumn you can see the typical patterned clouds on the sky in Japan. Many little pieces of clouds spread on the sky. The clouds look like fish scales for Japanese people, so scale clouds is called in Japan.The scale spread on the sky over the Tokyo Shinjuku buildings.#japan #tokyo #shinjuku #sky #cloud #autumn #日本 #東京 #新宿 #空 #うろこ雲 #秋 #tokyocameraclub #東京カメラ部

 

 うろこ雲が空に広がる。秋ならではの現象だ。

 写真を撮るとき、構図にどう空をいれるかは結構難しい。広々とした空は素晴らしい被写体なのだが、真っ青な空は単調すぎて絵にならない。

 秋のうろこ雲が出ていると、大きく空を写すと気持ちの良い情景を表現できる場合が多い。

 上の写真は、新宿のビルを写したもの。うろこ雲があることで、真っ青な空では表現できない空の広がりが表せた。

 秋のうろこ雲は貴重な被写体だ。

 

 

https://www.instagram.com/p/BZ5k8ZclTMG/

Autumn SkyIn autumn you can see the typical patterned clouds on the sky in Japan. Many little pieces of clouds spread on the sky. The clouds look like fish scales for Japanese people, so scale clouds is called in Japan.The scale spread on the sky over the Tokyo Sky Tree.#japan #tokyo #tokyoskytree #sky #cloud #autumn #日本 #東京 #東京スカイツリー #空 #うろこ雲 #秋 #tokyocameraclub #東京カメラ部

 

もっと空を写したくて、スカイツリーをワンポイントに構図を作った。写真を観た視線が上に向くように右上に赤い標識を入れて写している。

 

 

https://www.instagram.com/p/BZ5lrtulVqJ/

Autumn SkyIn autumn you can see the typical patterned clouds on the sky in Japan. Many little pieces of clouds spread on the sky. The clouds look like fish scales for Japanese people, so scale clouds is called in Japan.The scale spread on the sky over the Tokyo Sky.#japan #tokyo #sky #cloud #autumn #日本 #東京 #空 #うろこ雲 #秋 #tokyocameraclub #東京カメラ部

 

 秋と言えばススキも外せない。ススキを空と一緒に写すのは定番の構図だ。空にうろこ雲が浮かんでいると、定番構図もグッとしまった感じになる。

 

https://www.instagram.com/p/BZ5luY8FAMD/

Autumn SkyIn autumn you can see the typical patterned clouds on the sky in Japan. Many little pieces of clouds spread on the sky. The clouds look like fish scales for Japanese people, so scale clouds is called in Japan.The scale spread on the sky over the Tokyo Sky.#japan #tokyo #sky #cloud #autumn #日本 #東京 #空 #うろこ雲 #秋 #tokyocameraclub #東京カメラ部

 

 夕焼けになるまで粘ってみた。夕方になるとうろこ雲の輪郭がボケてきて、それだけでは迫力不足に感じられた。そこで遠くにあった鉄塔を入れ込んで構図を作った。奥行きのある絵にできたと思う。

 

使用機材

 

定番スポットでは、絵葉書のように写真を撮る

https://www.instagram.com/p/BZyVS4hl8ZV/

Kamakura Meigetsuin temple is famous for its unique window.Kamakura area has many temples because Kamakura was used to the capital of Japan in 12th-14th centuries.Meigetsuin temple was built in 1394. It has a beautiful garden. You can see it through the circular window.#japan #kamakura #temple #garaden #meigetuin #nikon #nikond90 #tokyocameraclub #walking #日本 #鎌倉 #寺 #庭 #ガーデン #明月院 #ニコン #散歩 #東京カメラ部 #zen #禅

 

 定番の撮影スポットに行った時、人とは違った撮り方をしようと足掻いていた時期がありました。わざとフォトジェニックな部分を外したり、露出をいじったりして。

 

 定番の撮影スポットでは、初心者を始め多くの人が似たような写真を撮る。いわゆる「絵葉書みたいな」写真を。これに関して森山大道が次のように言っている。

つまり多くの人にとって「絵葉書みたいな」とは、決して褒め言葉では

ない、しかし、森山は少々違う感覚を持っている。

(中略)

「でもね、本物の絵葉書の写真のようにはなかなかならないんだよ。それぐらい、絵葉書の写真っていうのは良い。撮影した写真誌の技術が本当に高いんだ。 

森山大道 路上スナップのススメ (光文社新書)

森山大道 路上スナップのススメ (光文社新書)

 

 

 これを読んでから、僕は定番の撮影スポットでは「絵葉書みたいに」撮るようにしている。 同じ場所を同じように撮っても上手い下手がある。それはなぜだろう?まだよく分からない。

 

 上の写真は鎌倉の明月院

 

撮影機材

Nikon デジタル一眼レフカメラ D90 ボディ