記憶と記録

見えたことは事実ではなく自分というフィルタを通した記憶である。写真とカメラ関係のブログです。




廃都市、、 ただしネタバレあり

 廃都市は見向きもされない。そこにあっても無いのと同じかもしれない。ちがう。他人の視線で存在と価値を決められない。

f:id:kota2009:20190113150900j:plain

廃都市の横で


  対比するものを画面内に置くのは、構図を作る際の基本です。写真奥の古びた建物と手前の人物のいる空間を対比させています。奥の建物は青っぽく仕上げ、手前の空間にはオレンジの光を置いています。

 

 以下ネタばらしです。

 

場所探し

 撮影場所は、渋谷ストリーム。今年できた綺麗な商業施設ですが、この横には古いビルが並んでおり、面白いコントラスを作っています。どう撮るとこのコントラストがより印象的に写るか考えるのがスナップの楽しい所。

 最初は、屋外から左に古いビル右に新しい渋谷ストリームという配置で撮ってみました(下の写真)。これでもまぁ面白いのですが、きっとこの風景は他のみんなも撮るでしょうからもう少し探すことにしました。

f:id:kota2009:20190113150600j:plain

左:古いビル、中央:渋谷川、右:渋谷ストリーム

  

 特にアイデアもなく渋谷ストリームの中を歩いていると、中から外の古いビルが見えることに気づきました。隣の古いビルの最も古そうな部分が見える場所を探して撮ったのが上の写真です。

 

色遊び

 実のところ、素の画像はインパクトの無い不出来な写真ですが、色遊びをしていると上の写真ができあがりました。

f:id:kota2009:20190113150901j:plain

素の画像


 色遊びとは私が勝手に作った言葉です。レタッチソフトで色を変えていると、自分の好きな色が見つかって面白いので、敢えて「遊び」としています。コツとしては、思い切り色を変えること。極端に変化を付けると、ゲッと思う仕上がりになることが多いですが、その中にアリかなっと思えるものを見つけると、楽しいことが多いです。

 

 色を変えるときは、ホワイトバランスをいじることが多いです。ホワイトバランスをいじると、画面全体を青、オレンジ、ミドリ、マゼンタに変えていくことができます。

f:id:kota2009:20190113150902j:plain

ホワイトバランスで青くしてみた

f:id:kota2009:20190113150903j:plain

ホワイトバランスでオレンジにしてみた

f:id:kota2009:20190113150904j:plain

ホワイトバランスで緑にしてみた

f:id:kota2009:20190113150905j:plain

ホワイトバランスでマゼンタにしてみた


 こうやって遊んでいると、古いビルは青が好き、手前の人がいる部分はオレンジが好きと分かってきました。あとは、これを両立させるだけです。Lightroomでは、写真の明るい部分だけ色を変えることができます(明暗所別色補正という機能です)ので、これを使って、明るく写った古いビルに青を加えてみます。

f:id:kota2009:20190113150906j:plain

奥のビルだけ青くしてみた

 手前の人がいる部分だけをオレンジにするために、Lightroomの色別の補正機能をつかいました。たまたま床がオレンジ色だったため、これを強くしました。

f:id:kota2009:20190113150907j:plain

手前の床だけオレンジを強くしてみた

 

 色はこんなものかなと思ったのですが、もともと古いビルを撮ったつもりなのにこうしてみるとそれが目立っていません。手前のオレンジ色が目立ち過ぎです。そこで奥のビルを明るくしてみました。明るい部分の輝度を上げるやつ(トーンカーブ)で処理します。そうやって出来上がったのが完成写真です。完成写真に仕上げる際に、色や明るさを減らしていくのがコツです。最初にやりすぎくらいに大きく変えたのと逆に、自分の好きな部分が消えてしまうギリギリまで減らしていくと丁度良く仕上がります。

f:id:kota2009:20190113150908j:plain

完成



まとめ

 構図を作る定番は、コントラスを付けること。古いものと新しいもの、青いものと赤いものなど。

 レタッチで色をいじるのが好きなので、遊んでいます。手順は以下の通り。

  • 最初はホワイトバランスで、大きく色を変える。
  • 大きく変える中で好きな色をみつける、大抵はこの部分は青が好きだけど、別の部分は違う色が良いといった場所によって好みの色が違う。
  • 好きな部分に好きな色をつけていく。その際には明暗所別補正や色別補正が使いやすい。
  • 明るさを整える
  • この段階ではやりすぎなことが多いので、色や明るさの変更量を減らしていく。自分が好きと思う色がギリギリ残るくらいまで減らすと、うまくいくことが多い。

 

 写真を撮るのは楽しい。色遊びも楽しい。私はLightroomを使っていますが、ソフトは何を使ってもできるので、あなたもやってみてはいかがでしょう?

 

使用機材

NIKON D90

Nikon 単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

お題「カメラ」

 

明るい ふうと

  とうふ屋って、客が集まるような場所なのか? よく見ると、店頭には漬物やたまごが売られている。ドラッグストアが薬だけじゃなくて洗剤を売るのと同じと思えばそういうものかとも思う。

f:id:kota2009:20190106164347j:plain

とうふ

  のれんの「ふうと」の文字が撮りたかった。店内がコンビニ並みに明るくて、とうふ屋らしくないように思えました。プラス露出でその明るさの表現を狙っています。

 

使用機材

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

OLYMPUS PEN mini E-PM2

お題「カメラ」

 

北海道の動物写真家 半田菜摘さんの特集番組を観て思うこと

カンテレドーガ on Twitter: "《このあと24時~無料配信》#7RULES 今回は、#動物写真家 #半田菜摘。実は“フルタイムの看護師”というもう一つの顔を持つ。彼女が写真を通して世の中に伝えたいこと、そして彼女の #セブンルール とは? https://t.co/vk8l2CbB7E #青木崇高 #本谷有希子 #YOU #若林正恭… https://t.co/PwFEokIIGe"

 

TV番組「セブンルール」で北海道の動物写真家の半田菜摘さんが特集されていました。その中で印象的だったのは3つ。

  • 動物は裏表が無くただ生きることだけに一生懸命。その姿が美しい。
  • まずは動物の正面に座る。自分の存在を動物に認識してもらって、それでも無害だと動物に知って欲しい。
  • 次はもうちょっといい出会い方ができるんじゃないかな?

 

動物は裏表が無くただ生きることだけに一生懸命

  半田菜摘さんは、裏表なく一生懸命に生きている姿に美しさを感じています。一方、私は何が好きで写真を撮っているのかと考えてみると、人間の「欲」の表れが好きで写真を撮っていると思います。

  他人より良く生きたい、 得をしたい、褒められたい、金持ちになりたい、長生きしたい、そういった「欲」に突き動かされて人は一生懸命です。「欲」が叶って大喜びしたり、叶わなくて嘆いたりと振れ幅の広い生き様が人にはあります。大切な人が死んで悲しむ姿も、生きていて欲しいという「欲」に突き動かされてのものでしょう。街の風景も人工物ですから、そこには「欲」があります。

  そんな「欲」を写せるといいなと思いながら、自分は写真を撮っているのだとこの番組を見ながら思いました。

 

まずは動物の正面に座る

  これは、TVを見ていない人は分かりづらいかもしれません。動物写真家は、気付かれないように動物に忍び寄って超望遠で撮る、つまり究極の盗撮なのだと私は思っていました。しかし、彼女は、動物に自分の存在を認識してもらって無害だと分かってもらってから、写真を撮るそうです。随分と時間のかかる撮影スタイルです。中には逃げ出す動物もいるでしょう。無害だと認識してもらうには数時間動物の前に座り続けるのも、辛い作業です。それでも、このスタイルだからこそ撮れる写真がありそうです。

  私はスナップ撮影を行いますが、スマートフォンやコンパクトカメラでコソコソ撮るよりも、大型の一眼レフカメラを堂々と構えて撮る方が良い写真が撮れるような気がこれまでしていました。このTV番組を見て、大きな一眼レフカメラを通行人に認識してもらうことも、撮影者を意識させないことなのだと感じました。

 

次はもうちょっといい出会い方ができるんじゃないかな?

  動物写真は、動物が現れるのを2時間でも4時間でも待つ。待ったからと行って動物が現れるとも限らない。せっかく動物が現れても、光の具合が良くないこともある。しかし、動物との出逢いは一期一会と、彼女は考えていない。今回は出会い方は良くなかったけれど、次はもうちょっといい出会い方ができるんじゃないかな、と考える。SNSで会話させて頂くと、出会いが良くないときは出会いの運を貯金している、と思っているそうです。

  一方、スナップ写真では、その時にしかとれない写真がある、その瞬間を大切にするという考え方をする人が多いように思います。そういう考え方もありでしょうし、半田菜摘さんのように次はもっといい出会い方があるという考え方もありでしょう。考え方が複数あるというのが面白い。

 

まとめ

 TV番組で半田菜摘さんの特集で彼女の考え方を見ました。面白いと思ったのは3つ。彼女の考え方を切り口に自分を振り返ると、自分の考え方が少しはっきりしたように思います。人の考え方を知るというのは面白い。

  

個人食堂

  チェーン店は安心だ。どこに行っても、それなりの清潔感があり、それなりに良いクオリティのサービスが受けられる。でも、個人の食堂のような個性がなくてつまらない。自分に合う合わないは別にして、個性のある場所が好きだ。

f:id:kota2009:20190106165928j:plain

食堂

  お客さんが来ているのに、スーパーで買ったであろう食材が雑然と並べている様子が面白くて撮りました。構図的には、右側に前ボケをいれて奥行きを狙っています。

 

使用機材

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

OLYMPUS PEN mini E-PM2

お題「カメラ」

 

人気店

  商店街の入り口に人気店があり、人が並ぶ。高級店じゃないけれど、人気店だ。

 

f:id:kota2009:20190106165654j:plain

人気店

 

 商店街入り口の看板が明るくて、目を引きます。その看板から手前の人をはっきりと暗くすることで、列が長く見えるように狙っています。

 

使用機材

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

OLYMPUS PEN mini E-PM2

お題「カメラ」

 

統一感

  ベージュの統一感。ベージュに黒のモノトーン。

f:id:kota2009:20181201160534j:plain

デート

 トレンチコートの裾がヒラヒラしていてこだわりを感じます。この時期は風景の色の彩度が低い時期。それに合わせたファッションでおしゃれさんなのだと思います。

 

使用機材

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

OLYMPUS PEN mini E-PM2

 

お題「カメラ」

 

Candid Photo

  Candid Photo, あるいはスナップ写真。

 カメラを向けられるとピースする、笑顔の表情を作る、人は写真映えするポーズをする。ポーズをとらなくても、微妙に表情が硬くなるものだ。いつもと違うあなたがそこにいる。

 あなたがあなたのまま写したい、Candid Photoにはそんな想いが込められている。

f:id:kota2009:20181201153117j:plain

なわとび

  とっさなたため、何も工夫なく撮っています。

 

使用機材

NIKON D90

お題「カメラ」