記憶と記録

見えたことは事実ではなく自分というフィルタを通した記憶である。写真とカメラ関係のブログです。




機材

OM-D Special Forum 2019 で OM-D E-M1Xがプロ中のプロのカメラだと知る

六本木で行われたオリンパススペシャルフォーラムに行ってきました。このフォーラムはオリンパスの新製品OM-D E-M1Xのお披露目会で、他のカメラの話は全くありませんでした。このフォーラム行って良かった。ネットでは手に入らないOM-D E-M1Xの情報が得られ…

写真のノイズはこう消せ、実例を使って紹介

ニコンD90を愛用しています、10年以上前のカメラ。進化の速いデジタルカメラ業界なのに、D90を使い続けている理由については別エントリに書きました(「私が今でもニコンD90を使い続ける理由」)。 写真の画質は、カメラの画像処理エンジンと撮像素子の二つ…

私が今でもニコンD90を使い続ける理由

写真を撮るのが趣味です。いくつかカメラを持っていますが、一番頼りにしているのは、 NIKON D90です。これは2008年に発売されたもので、11年前のカメラです。画素数は1200万画素と、今のスマートフォンのカメラと同じ程度の画素数です。きっと来年にはスマ…

オリンパスOM-D E-M1Xのコンセプトが尖っている

Olympusが新製品 OM-D E-M1Xを発表しました。今後のオリンパスのカメラ事業の行く末を占う戦略商品です。それだけによく考えられた製品コンセプトだと思う部分と、台所事情が苦しいのだと感じる部分があります。 カメラ業界は、今激動の真っただ中で各社生き…

実験! RAW現像は本当に必要か?JPEGレタッチは本当に破綻するか?

RAW現像って本当に必要なのかな?少し前からJPEGで良いんじゃないかと思っています。 少し本格的なデジカメには画像をRAWで保存する機能が付いています。RAW画像をJPEGに変換することをRAW現像と呼ぶ訳ですが、そんな面倒なことをするなら最初からJPEGで保存…

写真の保存とバックアップの取り方

撮った写真の保存をどうするか?それが問題だ。 HDDはすぐいっぱいになるし、クラウドは高価だ。みなさんはどうしています? 2018年に撮影した写真は合計130GBになります。10年分で1TBを越えます。私の使っているデジカメは古い機種で1000万画素そこそこです…

マクロLEDリングライトを購入、こいつは秀逸だった

マクロLEDリングライトを2千円ちょっとで買いました。 SHOOT LEDリングライト 32球一眼レフ用マクロリングフラッシュ 8交換リング付きストロボ for Canon Nikon Sony Olympus Pentax 出版社/メーカー: SHOOT メディア: エレクトロニクス この商品を含むブロ…

紅葉の色を綺麗に撮るコツ

秋になると紅葉の写真を撮る機会が多いですよね。でも、紅葉の写真を撮るのは実は難しい。色が綺麗に写らないためです。色は写真にとって重要で、インスタ映えする写真は、大抵が綺麗な色をしています。 綺麗な色が出せないのは、あなたの写真の腕前のせいで…

富士フィルムX-T3:500枚撮った感想

富士フィルムのX-T3を借りて一日遊びました。素人がX-T3を使うとこんな絵が取れて、こんな困り方をするという話を正直に書きます。私が普段どんな写真を撮るのかはブログの他の記事を見て下さい。 使用したレンズは、FUJIFILM 単焦点レンズ XF56mmF1.2 R APD…

富士フィルムのX-T3を持って銀座・京橋・日本橋を散歩

富士フィルムのX-T3を借りて一日遊びました。素人がX-T3を使うとこんな絵が取れて、こんな困り方をするという話を正直に書きます。私が普段どんな写真を撮るのかはブログの他の記事を見て下さい。 使用したレンズは、FUJIFILM 単焦点レンズ XF56mmF1.2 R APD…

富士フィルムのX-T3を持って東京の人形町を散歩

富士フィルムのX-T3を借りて一日遊びました。素人がX-T3を使うとこんな絵が取れて、こんな困り方をするという話を正直に書きます。私が普段どんな写真を撮るのかはブログの他の記事を見て下さい。 使用したレンズは、FUJIFILM 単焦点レンズ XF56mmF1.2 R APD…

富士フィルムのX-T3を持って丸の内を散歩

富士フィルムのX-T3を借りて一日遊びました。素人がX-T3を使うとこんな絵が取れて、こんな困り方をするという話を正直に書きます。私が普段どんな写真を撮るのかはブログの他の記事を見て下さい。 使用したレンズは、FUJIFILM 単焦点レンズ XF56mmF1.2 R APD…

人形町の鯛焼き

東京下町の人形町を久しぶりに散歩した。そこで不思議な文字をみつける。天然たいやきってどういうことだ?!店先に座った女子がたいやきを食べていて、美味しい予感がする。ちょうど小腹も空いたし、僕も店先で食べることにする。 お店の名前は「鳴門鯛焼本…

X-T3の良い所と悪い所、富士フィルムXキャラバンに参加して

富士フィルムのカメライベントXキャラバンin東京に行きました。 瞳AF 富士フィルムの新製品X-T3を存分に触ってきました。X-T3は良かったですよ。瞳AFはキビキビ動いて気持ちいい。F6くらい絞れば瞳AFなんていらないのですが、F1.4とか明るいレンズを使うと被…

GR IIIが市場で成功するキーワードは「夜スナップ」

カメラメーカーの戦略が見えてきました。ミラーレス機のフルサイズの市場を狙うのが大多数(ソニー、ニコン、キヤノン、パナソニック、シグマ)、コンパクトデジカメに留まるリコー、決めあぐねているオリンパス、という状態です。 ミラーレス機のフルサイズ…

Snapseedで簡単写真加工 その5

Snapseedを使った写真加工を前回に引き続き紹介します。 写真加工の大きな手順は2段階です。大抵は1の写真全体の調整だけで十分なのですが、好きな写真はさらに良い感じにしたくなるので、2の写真の一部分の調整をします。 写真全体の調整 写真の一部分の…

Snapseedで簡単写真加工 その4

Snapseedを使った写真加工を前回に引き続き紹介します。 写真加工の大きな手順は2段階です。大抵は1の写真全体の調整だけで十分なのですが、好きな写真はさらに良い感じにしたくなるので、2の写真の一部分の調整をします。 写真全体の調整 写真の一部分の…

Snapseedで簡単写真加工 その3

Snapseedを使った写真加工が楽しくなってきたので、先日に続いて紹介します。 写真加工の基本は「良い写真」を目指すのではなく、好きな写真を目指すこと。具体的な手順としては、下の3つです。 傾きの調整 明るさの調整 色の調整 ではやっていきます。 元…

Snapseedで簡単写真加工 その2

昨日は、Snapseedを使って、写真加工の基本調整を紹介しました。Snapseedがあまりに簡単に使えるので、もう一枚加工してみました。 写真全体の加工は3つの調整をすることです。 傾きの調整 明るさの調整 色の調整 元写真 Snapseedを使った加工に使う写真は…

Snapseedで簡単写真加工

昨日、無料の写真加工ソフトSnapseedを紹介する記事を書きました。そのときは、写真加工の手順を詳しく書かなかったので今日は手順について書きます。 delight.hatenablog.com そもそもな何故写真加工をするのか? 写真をなぜ加工するのでしょうか?カメラは…

プロカメラマンも勧める画像編集ソフトSnapseed

Googleが作ったSnapseedという画像編集ソフトをご存知でしょうか?プロカメラマンがこれを勧めているのを見て、さっそく使ってみました。本当にすごいですよ。しかも無料。 初心者必見!無料で使えるオススメの写真編集アプリをカメラマンが紹介!【snapseed…

カメラマウント別にレンズのコスパを比較

ニコンとソニーから新しくフルサイズミラーレスが発表され、富士フィルムからX-T3が新たに発売されるなど、カメラ業界は新機種のニュースに賑わっています。今月末のフォトキナでも新たな発表がありそうで楽しみです。様々なカメラがある中で、コスパ最強と…

フルサイズミラーレスカメラは終わりの始まり

「イノベーションのジレンマ」という経営学で有名な本があります。メーカーが製品を改良して性能を上げているうちに製品ターゲットがマスユーザーから数の少ない高機能ユーザに移っていき、ますユーザを代替品に奪われて、やがて会社が行き詰まるというパタ…

キヤノンが新マウント(RFマウント)でフルサイズミラーレスに参入、パナソニックの新マウントはどうなる?

ニコンに続いてキヤノンもフルサイズミラーレスカメラ EOS Rが発表されました。 dc.watch.impress.co.jp ポイントはキヤノンも新しいマウントを用意したこと。新マウントであるRFマウントは、口径54mm(ニコンZマウントは55mm)、フランジバックは20mm(ニコンZ…

Zマウントが人気、ニコンファンミーティングに行った

ニコンファンミーティングに行ってきました。場所は渋谷。 ニコン初のフルサイズミラーレスZ7を一般に触れる初めての機会というだけあって、多くの人が集まっていました。 入場時には、使用カメラとレンズを名札として書くよう促されます。私は、タムロンの…

料理写真に最適!オリンパス単焦点 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

Olympusの単焦点レンズ M.ZUIKO Digital 45mm F1.8を買って1400枚ほど撮影しました。今日はその感想を書きます。 このレンズはポートレートレンズと呼ばれることが多いのですが、実は料理を撮るにもとても良いと思います。最短撮影距離が50センチメートル程…

知らなかったLightroomの便利機能

Lightroomを便利に使っています。 照明機材を使って光をコントロールしたり、スタジオで小物をしっかり用意できるなら写真の補正など不要なのかもしれませんが、撮影時にすべてをコントロールできない場合は、撮影後に写真を補正したくなります。 Lightroom…

ニコンファンミーティングはXQDカードが必須

明後日はニコンファンミーティング。その目玉は、ニコン初のフルサイズミラーレスZ7のタッチアンドトライ。ニコン渾身のミラーレスがどんな絵をだすのか興味津々だ。しかも、撮影データは持ち帰って良いとのこと。太っ腹だねニコン。 ところが、ニコンファン…

旅には軽いカメラと軽いレンズ

宮古島に旅行に行きました。 持って行ったカメラはOlympus PEN mini E-PM2とレンズが2本。全部合わせても600gくらいかな。 旅行先で狙いに狙って撮った写真もいいけれど偶然取れた写真も良かったりする。偶然を味方にする唯一の方法はシャッターを数多く切る…

暗い写真を暗く仕上げるのも個性

Adobe Lightroomの自動補正機能は、写真の暗い部分を持ち上げて明るい部分を抑え、さらに写真全体の明るさを調整してくれる。良く出来た機能で、特に料理のテーブルフォトにはクリック一つでほぼ完ぺきに仕上がる。 ただ困ったことに、この自動補正機能を使…