記憶と記録

見えたことは事実ではなく自分というフィルタを通した記憶である。写真とカメラ関係のブログです。




北海道の写真家 半田菜摘の個展を見てきた。動物写真にほっこりする

 半田菜摘の写真展に行ってきました。場所は富士フォトギャラリー銀座。京橋にあります。

 彼女は北海道の写真家で野生動物の写真をずっと撮っています。

 彼女の写真を見ていると、動物が好きなんだなっという気がする。風景写真は現場に通った回数だけ良い写真が撮れると言われているが、動物写真も同じだろう。動物の現れる場所に通った回数の多さが彼女写真から伺える。好きだからこそできることだろう。

 会場では、この中で自分の一番好きなものを決めようと思いながら写真を見て回った。タンチョウヅルの写真はかっこいい、ウサギの写真はえらく可愛い、振り返ったシカの写真は構図が美しい、キツネの親子の写真は感動的、悩む。悩んだ末に熊の写真を一番と決めた。顔の濡れた熊の表情がなんとも言えず面白い。

 

 

www.prolab-create.jp