記憶と記録

見えたことは事実ではなく自分というフィルタを通した記憶である。写真とカメラ関係のブログです。




初めての一眼カメラには、どんなレンズを買うべきか?

 一眼レフカメラ(あるいはミラーレス)を最初に買うとき、レンズは何を選べばいいのだろうか?最初のレンズは何がいいか?きっと悩むに違いない。

 カメラマンのイルコさんがそれについて意見を述べていた。

 結論から言えば、50mmの短焦点レンズを買おうと言っている。その理由は、

  • キットレンズにありがちな標準ズームは、写真を撮る工夫をしなくなるので、やめた方が良い。
  • 超広角単焦点や望遠単焦点は、そのレンズの描写能力に甘えて写真を撮る工夫をしなくなるので、やめた方が良い。
  • 50mmの明るい単焦点は、写真を撮るときに様々な工夫ができるのでカメラが上手くなる。また、この焦点距離は一番価格が安い。


初心者必見!カメラ始めるときに、一番最初のレンズ何がいい?一眼レフ / ミラーレス購入時に選ぶ単焦点レンズ / ポートレートがもっとクリエイティブになるコツ / 50mm【イルコ・スタイル#178】

 

 たしかに、50mmのレンズは安いので良いでしょうね。

 それに、単焦点で撮っていると構図を探すときにこまめに動くので、発見があるのも確かだ。

   私は、NIKONの35mm f1.8を一万円ちょっとで買って便利に使っている。単焦点は軽いのも魅力だ。

 

 

Nikon 単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G ニコンDXフォーマット専用

Nikon 単焦点レンズ AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G ニコンDXフォーマット専用