記憶と記録

見えたことは事実ではなく自分というフィルタを通した記憶である。写真とカメラ関係のブログです。




簡単!SNSフォロワーを増やす写真加工

 インスタグラムやってますか?インスタグラムやtwitterなどのSNSはフォロワーの数が正義です。案外と簡単にフォロワー数は増やせるのですが、案外実践されていないようなので、その方法を書きます。

 ”自分だけの個性のある写真を見てもらいたい”これが本音ですが、たくさんの人に見てもらうためにはフォロワーの数を増やさなければなりません。人工知能により莫大な数の写真を分析した結果、どんな写真だとフォロワー数が増えるかは分かっています。それは

  • 人の顔が写っている写真(特に女子の顔)
  • フィルムカメラで撮ったような写真

 ここではフィルムカメラで撮ったように加工する方法をご紹介します。たった3ステップの簡単な方法です。

  1. 写真を正方形にトリミングする
  2. 写真のコントラストを高くする
  3. フィルム風に画像を粗くする

 

フォロワー数の増える写真加工

 以下の写真を使って細かく説明します。

f:id:kota2009:20180922122400j:plain

加工前の写真:ただのカツ丼の写真



 インスタグラムでは正方形の写真が基本なので、上の横長の写真を正方形にトリミングします。

 

 次に、コントラストを上げます。

 私はLightroomを使って写真を加工していますが、写真加工ソフトは何でも良いです。トーンカーブで調整するタイプのソフトは、下のようにトーンカーブをS字にします。

f:id:kota2009:20180925063227j:plain

トーンカーブをS字にする



 そして、画像を粗く加工します。Lightroomでは”効果”というメニューがあり、周辺減光させ、さらに粒子ノイズを載せます。

f:id:kota2009:20180925063620j:plain

周辺減光させて、粒子ノイズを足す

 簡単。これだけです。

 加工前と後を比べると次のようになります。

f:id:kota2009:20180925063819j:plain

加工前(左)と加工後(右)



まとめ

 出来上がりの写真は以下。

f:id:kota2009:20180922122401j:plain

フィルムカメラ風のカツ丼


 実際のところフィルムカメラで撮った写真のテイストが好きかと言うと、被写体次第です。カツ丼のようなありふれた被写体をフィルムカメラで撮ることは普通しないので(フィルムカメラは現像とかにお金がかかるから)、今回のカツ丼写真は面白いと思っています。

 矛盾を表現するのも写真ですから、ありふれた被写体をフィルムカメラ風に加工するのは、アリだと思います。

 このように、たった3ステップの簡単加工で、あなたの写真を見る人を増やすことができます。