記憶と記録

見えたことは事実ではなく自分というフィルタを通した記憶である。写真とカメラ関係のブログです。




似非ニューカラー

  写真の撮り方にも流行り廃りがあったようで、まず決定的瞬間を狙っていた時代があり、その後に日常のシーンを撮る「ニューカラー」と呼ばれる人たちが現れた。ホンマタカシは、ニューカラーの写真には中心が無くすべて等価値に写される、と言う。「ウィリアム・エグルストン」で検索するとニューカラーの写真がみつかります。

 

 私は、中心の無い写真って撮ろうと思ったことが無いのですが、引き出しを増やすためにニューカラー風に撮る練習をしています。

f:id:kota2009:20180923142342j:plain

 

 

 中心の無い写真は 、見る側に負担をかける。どこを見ていいか、どこを見るべきかを見る側に委ねますから。

 

使用機材

NNIKON D90

 

お題「カメラ」