記憶と記録

見えたことは事実ではなく自分というフィルタを通した記憶であり、さらに記憶は記録で上書きされる。写真とカメラ関係のブログです。

まにあった

 今年は梅雨明けが遅くて、気づいたらすっかりヒマワリが終わりそうな時期になっていた。梅雨の間は気温が上がらず、夏気分が高まらなかったのだけど、ヒマワリの方は梅雨の間も花の準備をしていた。

f:id:kota2009:20200802132203j:plain

まにあった

 

 一応頑張って撮った写真です。

 この日は曇りだったので空を入れない構図にして、その代わりの背景を一生懸命探したら竹藪がみつかって、上の写真になりました。上にも下にも、右にも左にも、写って欲しく無いモノがあり、キリキリと写る範囲を縮めて行って、この構図になりました。

 こうやって撮った写真を後で眺めていたら、黄色と緑は色相環上で隣り合わせなことに気付きました。色の対比のインパクトは小さいけれど、明暗差でヒマワリが目立っているのだと、後で気づきました。