記憶と記録

見えたことは事実ではなく自分というフィルタを通した記憶であり、さらに記憶は記録で上書きされる。写真とカメラ関係のブログです。

芦ノ湖ドライブ

 芦ノ湖にドライブに行ったよ。

 

 芦ノ湖って知っているかい?箱根にある湖で、カルデラ湖、つまり火山活動で出来た窪地に水が貯まったものだ。火山活動が要因だから山の中にあるよ。有名な富士五湖には入ってないから間違えないようにね。

 

箱根園

 まずは、箱根園に行ったよ。ここはプリンスホテルが経営するリゾート施設で、水族館や遊覧船があるんだ。

 せっかくの湖だから、遊覧船に乗ったよ。海と違って湖は全然波が無くて船は揺れない。とても快適だった。

f:id:kota2009:20210811125341j:plain

f:id:kota2009:20210811123117j:plain

芦ノ湖遊覧船

 

ザ・プリンス 箱根芦ノ湖

 芦ノ湖に行ったら是非見ておきたいのは、ザ・プリンス。ここは有名な建築家の村野 藤吾が設計したんだ。1978年(つまり日本経済が好調の時代)に建設されただけあって豪華で凝った建物は見ごたえがある。

 ここにはたくさんの見どころがあるんだけれど、最大の見どころを3つ書いておくね。

 一つ目は、独特のフォルムの客室棟。円状の建物、そこから張り出したバルコニーなど、他にはこんな建物見たことない。

f:id:kota2009:20210811144515j:plain

独特の形をした客室棟、カッコいい

 

周囲は林になっていて、木々の間から見える姿が優雅だ。また木々も立派。建物はすぐ建てられるけれど、林を育てるにはやはり時間が必要だね。

f:id:kota2009:20210811144305j:plain

周囲は立派な林で、カッコいい

 

 二つ目は、スワンチェア。この可愛さが写真で伝わるだろうか?ここに座ってゆっくり時間を過ごしているのは、とても心地よかったよ。

f:id:kota2009:20210811145532j:plain

村野藤吾が設計したスワンチェア、カワイイ

 三つ目は、本館2階エントランスから1階に下りる階段。有名過ぎて解説はいらないだろうね。この曲線がなんとも優雅だ。

f:id:kota2009:20210811133445j:plain

本館2階エントランスから1階に下りる階段は、とても有名

 

星の王子様ミュージアム

 芦ノ湖を楽しんだら、次は星の王子様ミュージアムに行ったよ。

 君は、星の王子さまを知っているかい? フランスの作家アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリが書いた小説だよ。彼の作品には「夜間飛行」もあるね。

 「星の王子さま」を童話だと思っている人もいるかもしれない。でも、大人になってから読むと、学ぶことは多いよ。というか、子供には分からないと思う。書いてあることが腑に落ちるには、経験が必要だからね。

 王子さまは自分の星に咲いていたバラを、とても美しいものだと思って手をかけて大切にしていたんだ。でも、地球では同じようなバラがたくさん咲いているのを見て、大事に思っていたバラがありふれたつまらないものに感じてがっかりしたんだ。でも、長い間手間をかけて絆を結んだものは、自分にとって特別なものとなる、と教わったんだ。そうして自分の星のバラを思うと、他に似たようなバラがたくさんあっても、自分にとっては星のバラが特別なんだということに、王子さまは気づくんだ。

 どうだい?これが分かるのは、大人になってからだと思わないかい?

f:id:kota2009:20210811153621j:plain

星の王子様ミュージアム

 

ポーラ美術館

 次はポーラ美術館に行ったよ。

 「フジタ 色彩への旅」と題した展示が良かった。藤田嗣治と言えば、パリで描いた洋画、特に乳白色の人肌の人物画が有名だけど、それだけじゃないことが分かって面白かったよ。

 画家と言うのは、オリジナリティを求めて常に他人とは違うものを模索しているのだと良く分かった。絵を見る時には、その時代の描き方を知っていると、その画家のオリジナリティが分かって一層面白いのだろうね。

 

まとめ

 芦ノ湖へドライブに行ったよ。ザ・プリンス箱根芦ノ湖は立派な建物だった。星の王子様ミュージアムには初めて行っただけど、とても良かったよ。ポーラ美術館は、見せ方が上手いね。良いキュレーターがいるんだろうね。藤田嗣治の別の良さを知った。