カメラブログ

 趣味でカメラを触っています。カメラ関係の内容を記します。




Olympus M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8を買ってみた

  Olympus Pen mini E-PM2を愛用しています。2012年10月に発売されたもう6年前のカメラだけれど、その小型軽量さのために出かける時に持ち出すカメラとなっています。 重さは電池込みで269gとびっくりする軽さ。

  このカメラのためにレンズを買い足しました。買ったのはOlympus M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8です。こちらも重さが116gと軽い。カメラにつけても合計387g。これはコンパクトデジカメのCANON PowerShot G1X Mark2や富士フィルムX100Fよりも軽い。

  軽いカメラが好きならコンパクトデジタルカメラを使えば良いと思う人がいるかもしれない。でもコンパクトカメラってボケないので、撮影が単調になるんですよね。

  もちろんフルサイズのカメラに明るいレンズをつければよくボケるのですが、重くなります。

   つまり、軽さとボケの量のバランスをとると、私にとってはマイクロフォーサーズが丁度良いのです。

 

 

f:id:kota2009:20180720174204j:plain

トンカツ定食

 まずは手近な物として、トンカツ定食をこのレンズで撮ってみた。

 さすがf1.8だけあって、トンカツにピントを合わせると奥のキャベツが良い感じでボケます。右手前の味噌汁もしっかり前ボケします。

 

f:id:kota2009:20180721183344j:plain

緑のレタスにピント、右奥の黄色の野菜はボケる

  次はサラダ。レタスにピントを合わせると右奥の黄色い野菜はボケます。そのため奥行き感のある写真になりました。

 

f:id:kota2009:20180721183503j:plain

ワインボトルがシャープに写る

 テーブルフォトよりも少し距離を離して3メートル先のワインを撮ってみました。ピントはワインクーラから少し見えているワインボトルの緑のキャップ。これもシャープに写っています。背景はしっかりボケています。ワインボトルがしっかり強調できた写真になりました。

 

f:id:kota2009:20180721183707j:plain

カラフルな被写体もしっかり写る

 ピクルス屋さんの棚を斜めに撮りました。ピントは奥に合わせています。ピクルスの瓶がカラフルで、ともするとどこを見て良いか分からない写真になりがちですが、棚の手前(写真左)はボケているため、ピントの合った写真の右側に視線が向きます。

 

f:id:kota2009:20180721193700j:plain

人物も際立つ

 人物も撮りました。ボケもあって人物が浮き出て写ります。

 

f:id:kota2009:20180721193558j:plain

ボカさずに写した写真

 ボカすだけがレンズの表現では無いので、ボケのない写真も撮ってみました。絞り開放で撮っていますが、シャープです。さすが単焦点レンズ。

 

f:id:kota2009:20180721143755j:plain

風景もしっかり写る

 風景的なものとして六本木ヒルズを撮りました。絞り開放でもしっかり写ります。

 

まとめ

  マイクロフォーサーズのレンズOlympus M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8を買いました。このレンズは明るいだけでなく非常に軽量でコンパクトです。

  画質は、明るいレンズだけあってよくボケます。ボケるだけでなく絞り開放でもピントの合っている部分はシャープです。

  お題「カメラ」