記憶と記録

見えたことは事実ではなく自分というフィルタを通した記憶であり、さらに記憶は記録で上書きされる。写真とカメラ関係のブログです。

フルーツサンド

 千疋屋さんという果物屋さんがあり、喫茶店も出している。フルーツパフェが食べたくて入ったのだけど、どうもお腹が空いてフルーツサンドを注文した。

 フルーツサンドというものは、果たして美味しいのだろうか?味のイメージができない。出てきたのは、パイナップル・キーウィ・イチゴにクリームの挟まったサンドイッチ。その隣は、ツナとトマト。どうなんだろう?この組み合わせって。。

 半信半疑で食べると、とても美味しかった。さすが老舗の果物屋さん。びっくりしました。

 

 

f:id:kota2009:20200920114532j:plain

f:id:kota2009:20200920114942j:plain

 

 

使用機材

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2

FUJIFILM 単焦点レンズ XF35mmF1.4 R

連休の朝

 連休ののんびりした朝。ボーっとした目が勢いを増しつつある太陽をみつけた。

f:id:kota2009:20200922072423j:plain

連休の朝

 

 レースのカーテン越しに光の当たっている場所が美しく見えました。せっかくなので、カーテン越しにそのまま撮りました。

 見慣れない光景をみつけて少し嬉しい朝でした。

 

使用機材

Nikon D90

ぐるぐる回ったり、クルクル回したり

 スーパーでレアチーズケーキを買って帰った。物撮りの練習用に。

f:id:kota2009:20200915151250j:plain

ギザギザが目立つのはどこだ?

 

 外出自粛やら在宅勤務やらが始まった4月、物撮りの練習をすると決めた。

 最初はネットを調べて、反逆光で手前にレフ版を置いて影を起こす、そんな撮り方をしていた。まぁ、分からないから形を真似ている状態。

 数を撮っているうちに、「どうして反逆光で撮らないといけないの?」「どうして影を起こさないといけないの?」などなど納得していない部分に違和感が残った。だって、意図なくセオリーに乗っかって撮るっておかしいよね。

 

 今日は、クリームのギザギザが目立つように撮ると決めた。これが意図。一番ギザギザが目立つのはどの角度だろう?ケーキの周りをぐるぐると回ってカメラ位置を決める。ケーキを回すとまた見え方が変わる。ケーキの向きを変えたら自分の立ち位置をぐるぐる回って探す。そうして、ぐるぐる自分が動いたり、ケーキをクルクル回したりして撮ったのが上の写真。

 楽しかった。

 

使用機材

Nikon D90

 

散歩再開

 夏の間、引きこもっていた。暑いから。

 最近になって夕刻には随分と気温が下がったので、散歩を再開した。夏前とは、風景が違っていて面白い。植物の葉の茂り方がものすごい。

f:id:kota2009:20200915180939j:plain

散歩再開

 

 今日は、Olympus Pen miniをもって散歩です。Pen miniを使うのは久しぶり。生活パターンが変わると、持ち出すカメラも変わります。お散歩カメラは小さく軽いものが快適。

 

 散歩しながら写真を撮っていると、だんだんお気に入りの場所ができてきます。時間を変えて、何度も撮っている場所ができてきます。風景写真を撮る人ってこういう感じなのでしょうか。

 

 

雲の切れ間

 雲の切れ間から青空が覗く。空の青さに、どうして切れ間ができるのか?不思議に思った。

f:id:kota2009:20200910173847j:plain

雲の切れ間

 

 空を撮るのは難しいですね。どこをどう撮っていいのか迷うことが殆どです。

 でも、今回は空を見た瞬間に斜め構図と決めました。空の奥行きを一番良く表せそうだから。

 

使用機材

Nikon D90

頭上の百日紅

 頭上を見上げると百日紅の花。

f:id:kota2009:20200917174324j:plain

頭上の百日紅

 

 花を見上げて撮るのって難しい。

 空が明るいため、花が暗く写ります。そこで、なるべく明るい花を探すことになるわけですが、そうそう都合よい花が見つかるわけでもありません。

 上の写真は、都合の良い花は見つかったのですが、木の葉が暗くなりました。ただ、それはそれで面白いと感じます。

 

使用機材

Olympus PEN mini E-PM2

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

 

サルも滑る道

 久しぶりに通ったこの道。百日紅がたくさん咲いていた。良い時期に通ることができた。

f:id:kota2009:20200917172744j:plain

サルも滑る道

 

 百日紅は、サルスベリと呼ばれる。木の表皮がはがれやすく、表面がツルツルスベスベしているからだとか。「うぉお、猿をも滑らす凄い木」と、サルスベリを見る度に言ってしまう。

 ちなみに、日本酒の「酔鯨」を見ると、「うぉお、クジラをも酔わす酒」と言ってしまう。また、「ママカリ」を見ると、、以下同文。。。大げさな名前が好きなんです。

 

 さて、上の写真は、ちかすぃさんの「近視 - pict+pict」という記事を読んで、真似して撮ったものです。全体をぼんやりと写すのってやはり難しくて、違うものになりました。

 

使用機材

Olympus PEN mini E-PM2

OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8