記憶と記録

見えたことは事実ではなく自分というフィルタを通した記憶であり、さらに記憶は記録で上書きされる。写真とカメラ関係のブログです。

いっぱいの車

派手な色をみつけたら、撮れ! そう書いてあった本がありました。 今でもこれに従う私です。 写真の中を物で埋めるのが理想だと思っています。大口径レンズでぼかすなんてもったいない。情報量が減ります。 物で埋まっているのに見れる写真、そんなのを撮れ…

晴れ

”晴れ”を探していたら、同じ風景に目が惹かれたので、全部撮ってみた。これぞワンパターン。 使用機材 Olympus PEN mini E-PM2

珍しいもの

カエデの落ち葉を見つけた。冬なのに珍しい。 冬のカエデの落ち葉 使用機材 Olympus PEN mini E-PM2

有効口径とは何かを、すごく簡単に説明

カメラのレンズを調べていると、「有効口径」という言葉が出てきます。これは何でしょう?レンズの口径(直径)と何が違うのでしょう? wikipediaを調べると、下のような難しい説明が出てきます。 有効口径とは、レンズの光軸上無限遠の位置にある点光源を想…

F値が小さいとボケる理由をすごく簡単に解説

カメラのレンズを、明るい・暗いと表現することがあります。また、明るいレンズをF値が小さいと言ったりもします。そして、明るいレンズはよくボケるとも言います。この、明るい=F値が小さい=よくボケるという関係を記した記事は、アクセスが多く、みんな…

目ぢから

妙に目の強い猫がいました。 最初の1枚は猫のアップを撮ったのですが、なるべく引いて撮る構図を探して撮ったら、上の写真になりました。 左上の狸のとぼけた様子が、猫と良い対比だと思っています。手前の犬を少しボカシているのは、そうしないと犬と目が合…

スターバックスで見る風景

スターバックスで朝食。キャラメルトフィースコーンとコーヒーをオーダー。フラペチーノでもラテでもなく、コーヒーという所が朝食らしい。 朝食を撮りながら、窓越しに撮ったのが上の写真です。物の並びが整って感じられたため。 写真を撮るとき、オブジェ…

6時27分10秒

旅先では早く目が覚めることの多い性質で、この日も6時過ぎには目が覚めた。外を覗くと、バス乗り場に明かりが灯っていた。バスがもう走り始めている。 真っ暗な朝。今は、日の出の一番遅い時期だ。 6時27分10秒 写真の左にタクシーが止まっていて、右側には…

湘南の海写真:撮り方を解説

下は、湘南の海の写真。Luminar Neoでゴリゴリにレタッチしている。 さて、どう撮ったのかを書くことは、良い勉強になる。そこで、下の写真について書いていく。 湘南の海 この写真で写そうとしたのは、3つ。左から、女子二人組、男子二人組、灯台だ。これ…

A Hibernating Bike

根雪、春になるまで溶けない雪のことだが、北国では冬の間ずっと雪が積もっている場所が結構ある。というより、雪かきしない限りずっと雪がある。そのため、冬は自転車を使わない人が結構いる。 冬眠 鮮やかな黄色に目が惹かれ、シャッターを切りました。 こ…

頭上注意

雪国で、初めて見るものにワクワク興味津々だった。 TVの天気予報で「雪下ろし注意報」が出ていた。これは何?と訊くと、大雪の翌日気温が上がりそうな場合に出る注意報で、雪下ろしをすると大量の雪が屋根から落ちて生き埋めになる危険を知らせるものだそう…

富士フィルムカメラの10年を振り返ってみた #10YearsOfXMount

富士フィルムのXマウントシステムは、誕生からもうすぐ10年になる。 最初のカメラは、X-Pro1。これが2012年2月18日発売だから、あと36日でまる10年になる。早いもんだ、もう10年なんだね。 富士フィルムのYoutubeを見ていたら、次のX Summit(2022年5月)に…

美術館

木村伊兵衛回顧展は、今日が最終日。 雪のある風景は露出が難しい。雪に合わせれば壁が暗いし、壁に合わせれば雪が白飛びする。 ソール・ライターの写真は、上から見下ろすように撮る等、画面の中の明暗差が少なくなるような工夫をしている。雪のある風景に…

HEVC、H.265、HEIF等に関するまとめ

(写真:ぱくたそ(www.pakutaso.com)) 今年はiPhoneでも真剣写真を撮ってみよう。そう思って調べてみると、iPhoneの写真の保存形式はJPEGでなくHEIFだった。なんて扱いづらい。。。おまけに拡張子は .heicでなんの略語なのだか分からない。なんて分かりづ…

雪国タクシー

タクシーが雪の中で待っている。乗ろうか乗るまいか迷う間もなく、乗ってしまう。だって、寒いんだもの。 雪国の夜は、未経験の人には伝え難い寒さでした。 使用機材 Nikon COOLPIX S9900

セルフポートレート

雪国で、鏡に向かって自分を撮った。手だけ写った。 オートモードが、窓の明るさに引っ張られて真っ暗になってしまいました。雪国で写真を撮るのは難しい。 使用機材 Nikon COOLPIX S9900

世界は私で溢れている

私が受験生の時、劇的に偏差値を上げた勉強法がある。それは、受けた模擬試験を繰り返し解くことである。実際、夏の模擬試験の問題を受験本番までに私は5回解いた。そういうわけで、大人になってからは厳選した本を繰り返し読むことにしている。 正月休みに…

時代の記録

西武冬市のシロクマ、今年はトラ柄にされる。過去のシロクマも紹介。

野暮な私、でも書く

写真をどう撮ったとかを書くのは、野暮なことだと思っている。 でも、ソール・ライター展でコンタクトプリントを見たのは面白かったし、どう撮ったかを言語化するのは良いトレーニングになる。そこで、野暮なことをしようと思う。 お題は、先日アップした「…

トリス

トリスウィスキーを懐かしむ年齢ではないのだけれど、この看板のフォントにはやられた。さすがに昼間は閉店だった。残念。もし、店内にアンクルトリスが居たら、絶対ファンになっていた。 飲み屋を出たら道が凍っているというのは、とてもデンジャラス。渋谷…

軟弱者と雪

雪が降りました。うっすら積もった。 確か去年は積もらなかったんじゃないかな?? そういう雪の珍しい地域に住んでいる。積雪5cmにもなれば、交通機関が乱れて大騒ぎ。そんな地域。おかげで、雪に対して軟弱者に育った。 数センチの雪ですっかり気分が変…

木村伊兵衛回顧展で色々考えた

木村伊兵衛回顧展に行った。面白かった。色々考えるヒントの多い写真展だ。 木村伊兵衛を知ってるかい?1901年生まれで1974年没の写真家だ。この生きていた時代がとても重要で、これについては後で触れるね。 さて、この写真展の楽しみ方はいくつかある。 写…

雪景色のリアル

雪の降らない地域に住む私には珍しい景色ばかり。 雪かきは大変なんだけど、雪をどけるよりも、雪を捨てる方が大変なんだそうだ。雪かきの工程をどける&捨てるの二工程分けることなど、初めて知る。捨てれない雪は山のように積み上がる。 一応、挿し色に赤…

おせちに飽きたら、チョコレートケーキ

おせちに飽きたら、チョコレートケーキ。 コーヒーも淹れて。 おしゃれなコーヒー写真をネットでよく見ます。すごいなぁ。 私のコーヒーは、ドリップパックに電気ケトルでお湯を注いで淹れているので、おしゃれとはとても言えません。 使用機材 Olympus PEN …

全て白に近いグレー

雪国に来て、色彩の違いに驚いている。 空と地面が同じ色だ。

ローラ

ローラって売れてるのね。 最近はTV以外にも芸能人の活躍の場が広がっている。誰が売れていて、誰がそうでないのか掴みづらい。 ジンビームのCMに出ていたローラは、とてもカッコ良い。 などと、つらつらローラのことを考えていた。 使用機材 FUJIFILM ミラ…

幾何的な

新宿駅を出たところで、幾何的模様をみつけた。 こういうのは、まっすぐ撮るのが大切。でも、まっすぐって難しい。。 使用機材 FUJIFILM ミラーレスカメラ X-T2 TTArtisan 40mm F2.8 マクロ

トラ年スタート

明けましておめでとうございます。 今年の手帳は、トラ表紙にしました。社会人としてこの手帳はどうかとは思ったのですが、可愛さとインパクトにやられました。 Rollbahnの可愛さにやれました

今年一番の驚き

お時間がもしあれば、違和感のある個所を探して欲しい。 日本そば屋さんに、「ねりごま坦々もり」があるらしい。斬新な組み合わせだ。。。 この店を通り過ぎてから、違和感に気づいて戻って撮りました。 使用機材 FUJIFILM ミラーレスカメラ X-T2 TTArtisan …

Luminar NEOの先行版だって。新機能リライトAIで遊んでみた

Luminar NEOの先行アクセスの連絡を頂いたので、早速使ってみた。 レタッチした結果が下の写真。 Luminar NEOでレタッチ Luminar NEOは2月に発売らしく、今回使った先行試用版ではその新機能の中の一部を使うことができた。 リライト AI ホコリ除去 電線除去…