記憶と記録

見えたことは事実ではなく自分というフィルタを通した記憶であり、さらに記憶は記録で上書きされる。写真とカメラ関係のブログです。

写真日記

後ろも見てね

大きく枝を広げる桜の樹、放射線状に広がる枝ぶりの美しさも桜の魅力。 後ろも見てね 枝ぶりの良い桜の樹だなぁと思いながら眺めていると、それに背を向けてカメラを構える人に気付きました。カメラの先を目で追うと、そこには別の美しい桜の樹があります。…

曲がった先

初めての道にワクワクする。曲がった先には何があるのだろう? 曲がった先 昨日、一昨日と同じ場所で撮った写真です。 たまたま光の具合が良くて、桜の花にだけ光が当たって輝くように撮れました。 一方で手前の用水路には光が当っていなくて暗い、こういう…

桜の絨毯

狭い用水路の両脇に続く桜並木、見事な桜のトンネルを見上げていた。ふと目を落とすと桜の絨毯。 桜の絨毯 (昨日も書いた)初めて通る道で撮りました。桜のトンネルが見事でした。また、用水路の水面が穏やかでリフレクションも綺麗でした。 桜の花はピンク色…

初めての桜

初めて歩く道。小さな川を渡ったところで見事な桜の樹をみつけた。 Just a shot 急ぎの移動途中でみつけた風景です。慌ててカメラを取りだして撮りました。 この時期はあちらこちらで桜の花を見かけ、風景の美しさを再認識します。 使用機材 RICOH GR Digita…

チェック柄

ふと見上げると、一面チェック柄だった。 チェック柄の場所 チェック柄の中で、左下に水玉バッグのあるところが気に入っています。

土産物街

土産物街を覗いてい歩く。つい無駄遣いをしてしまう。 土産物街 「かまぼこ」の「か」の字が味わい深い。新宿のような都会の繁華街が色の派手さを競うのとは違って、書体の変化を競っていて面白い。 使用機材 FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 FUJIFILM 単焦点…

ブルー

高台にあるMOA美術館は、入り口から7基のエスカレータを乗り継いで本館へ上がる。本館からは、熱海湾を見下ろす。 MOA美術館 MOA美術館の本館から撮った写真です。遮るものが無く空と海が広がり、一面ブルー。 使用機材 Nikon デジタルカメラ COOLPIX S9900 …

いつもの夕方

桜が咲いても咲かなくても、いつものようにルーティーンのランニングを行う。 いつもの夕方 日没の頃に時間が空き、桜並木を撮りに行きました。どんどん周囲が暗くなっていき、撮れる写真の雰囲気が変わっていきます。 空が暗いから撮れる、ローポジションか…

視線

歩いていたら、目の端でなにかが見えた気がした。道を引き返してみると、マネキンが二つだけ。マネキンの視線を感じたのかもしれない。 視線 奥と手前にマネキンが二つ。この位置関係が綺麗です。 この写真を見ていると、手前のマネキンと目が合いませんか?…

気温差 マイナス19度の雪

雪だ!雪だ!雪だ! 滅多に降らない雪が降っている。気分が上がる。 3月29日という時期だけあって湿った雪。写真に撮ると、向こうが透けて見えそうな雪だ。 気温差 -19度の雪 昨日は暖かくゴールデンウィークの気温。天気予報によると昨日と今日の気温さは、…

春を通り越してゴールデンウィーク

昨日の最高気温は24度。5月の気温だとか。 つくしをみつけて接写。顔を上げたら桜が広がっていた。そんな気分の組み写真にしてみました。 どこにでもある風景が綺麗で、これってずいぶん幸せなことだと思う。

さくらセルフポートレート

今年の桜は一斉感が少ない。一斉感とは、私が勝手に作った言葉で、個々の桜の樹の開花タイミングが揃う様をこう呼んでいる。ソメイヨシノは毎年一斉に咲く、不思議なほどにタイミングが揃う。まるで隣近所の樹が示し合わせているかのように。 今年は、満開の…

近所のガラスを撮る人

ソールライターの特集番組をNHKでやっていました。 彼は、徒歩20分圏内くらいで写真をずっと撮っていたようで、その範囲は想像以上に狭い。撮影範囲が狭いというより、行動範囲が狭いように思う。一方、出かけるときはいつも、コーヒーを飲みに行くときも、…

斜めの影

晴れた日の影が斜面に落ちる。なんだか綺麗だと思った。 MOA美術館 写真を撮るときには、右の木と、日の当たった地面ばかり見ていました。 家に帰って写真を見てみると、写真左、海の向こうに見える陸地が青色に写っています。なぜなんでしょうね?空と海の…

ワンパターン写真から卒業、満開の桜を色々な構図で撮りたい

見えたようには撮れない桜の写真 満開の桜を見るとなんだかウキウキしますよね。そして夢中で写真を撮ったります。でも、撮れた写真を見るとなんだかパッとしない出来栄えでガッカリします。 一番ありがちなのは、ワンパターンな写真になること。桜の花は綺…

看板

食堂とレストランの違いは、看板の迫力なんじゃないかと思ったりする。自己主張の強い看板だ。 食堂 小田原漁港の近くには、お魚を食べられる食堂が集まっています。これは、その中の一つの「漁師めし食堂」さん。迫力ある看板がいつも目にとまります。 使用…

帰り路

日の入り直後のいわゆるマジックアワーに撮った写真。 この時間に、空がどうなっているかは、運次第。 帰り路 マジックアワーの空って綺麗なんですけど、そのときにいい具合に雲があったり、月があったりするかは、運次第なんですよね。 こうやって何度も空…

にぎわい

ここの壁の絵、好きなんです。 にぎわい

ハチ公スクランブル交差点

渋谷のハチ公のスクランブル交差点。大量の人間が、スクランブル、つまり縦横に同時に渡る。ここをぶつからずに歩けるようになるには、少し慣れが必要だ。 赤信号の間にパンパンに人がたまり、青信号で一斉に歩き始める。いつ見ても少し不思議な気持ちになる…

2分も楽しい

上野公園、目黒川、千鳥ヶ淵など東京の名所の桜はまだまだ2分咲き程度。近所の桜並木を見に行くとやはり2分咲き。こうやって咲くタイミングの揃うことも、桜の不思議。 二分桜 2分桜とはいえ、桜並木を散歩するのは楽しいね。普段歩かない道を歩いて、普段見…

レトロとカワイイとオシャレの混じり合う場所:原宿駅

若者文化の発信地、原宿。日本のみならず世界にJapanese Kawaiiを世界に発信している場所でもある。きゃりーぱみゅぱみゅは原宿でスカウトされたとか。彼女に続けと、今日も原宿竹下通りは中高生の女子でいっぱいだ。 そんな原宿駅が木造ペンションのような…

ビルの谷間のお社

渋谷のビル街の中に神社をみつけました。 宮益御嶽神社 表参道から青山通りを渋谷に向かって歩き、ハチ公交差点まであと2,3分というところで、神社をみつけました。渋谷らしく、ビルが林立しその谷間にそれはあります。私が写真を撮る5分ほどの間に3人ほど参…

渋滞

何時も混む道。大通りに抜ける細い道で、スクータから大きなトラックまで多くの車両が集まってくる。 渋滞 一度は撮って見たかった定番構図です。 構図を考える上で最も参考にしている本「絵を見る技術 名画の構造を読み解く(秋田麻早子)」を読んだ時から…

なでしこ

木漏れ日の下でナデシコが咲いていた。出来過ぎの光景だ。慌ててカメラを取りに走った。 なでしこ 太陽の位置は案外速く動くもので、ぼやぼやしていると木漏れ日の位置が変わります。こういうシーンに出会えて撮れるかは運任せですね。 もうナデシコの咲く時…

少しづつフワフワ桜

ソメイヨシノの開花宣言が東京ででたそうで、近所の桜並木を観に行くと確かに数輪咲いていた。お花見にはまだまだ早いが、ウキウキ気分になる。 少しづつ フワフワした感じで撮ったみたつもりです。なかなか上手にはできませんね。来週にはソメイヨシノが見…

ホワイトホワイトデーな横浜中華街

昨日はホワイトデー、3月14日だというのに雪が降った。つまりホワイトホワイトデー。今年は暖冬で雪の降らない冬なだけにロマンティック。 ホワイトホワイトデーも良いけれど、「なごり雪」という言葉も好き、ロマンティックな言葉だと思う。 雪の横浜中華街…

自分チョコ

ホワイトデーのお返しを探しに百貨店へ。たくさんのお店が並んでいて、目移りします。お世話になった人の顔を思い浮かべながらお菓子を選ぶのは、やはり楽しい。そうしているうちに自分用のチョコを買うのも、お約束。黄色いのは「季節限定 ミモザのチョコレ…

午後の光

どこがいいのか分からない。けなし言葉ではなくて、困惑の言葉として使っている。平凡で褒めるところが見つからないけれど、見返すたびに目が留まる不思議な写真がある。 午後の光 困ったことに、この写真をうまく言語化できません。 壁に射した光り、左の葉…

地面に刺さったドリル

散歩をしていると、螺旋階段がドリルに見えた。 地面に刺さったドリル カメラを片手に散歩をするときは、見えた光景を解釈しないようにしています。例えば、見えた光景を「ビル」と言語認識すると、脳がサボってディテールの認識を止める気がします。 解釈し…

×△〇

街を歩いていると不思議なものをみつけることがあります。「×△〇」、消火栓の下の看板は何を表しているのでしょうね。 ×△〇 本気で分からないこの「×△〇」。分かる人がいたら、是非教えて欲しい。 使用機材 FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 FUJIFILM 単焦点標…