記憶と記録

見えたことは事実ではなく自分というフィルタを通した記憶であり、さらに記憶は記録で上書きされる。写真とカメラ関係のブログです。

写真日記

伝統校

立派な小学校だ。ツタの生えた壁、カーブを描いた窓、綺麗な壁、いろんなところに手間とお金がかかっている。OBが支えているのだろうか。伝統校ならではのサポートがあるように感じる。 伝統校 ツタの生えた校舎をカッコ良く撮れる場所をさがしているうちに…

立ち姿

COVID-19の前に撮った写真です。 箱根湯本駅の前で人力車が待っています。重たい人力車を引っ張る彼らの立ち姿はカッコいい。 客待ちの人力車 橋の欄干の朱色と人力車のシートの朱色が綺麗だと思って撮りました。ファインダを覗いているうちに、彼らの立ち姿…

3つのビーナス

3つのビーナス 久しぶりにお台場に行きました。コロナ関係なく久しぶりです。写真のVenus Fortは服屋中心のモールです。 モールの外観を眺めていたら、Venus Fort、Venus OUTLET、Venus FAMILYの3つのVenusがあるように思えてきました。 使用機材 FUJIFILM…

高い夕焼け

今日は雲が高い。夕暮れは、雲の高さが良く分かる。こういう空は、曇っていても、すがすがしい。 高い夕焼け 今年は、夕暮れ時に空を見る機会が多い。今まで気づかなかったのですが、夕暮れ時は、雲の高さが良く分かります。雲の影の出方が、雲の高さで随分…

B

双子が並んでいる。一つの名前はB、もうひとつの名前は無い。 B 写真は、ザ・タワーズ台場というタワーマンションです。たまたま手前に”B"の表示があり、右の建物を”B"と勝手に呼びました。”A"の表示のないことが寂しく感じます。 使用機材 FUJIFILM ミラー…

季節外れも、もうすぐ

梅雨の時期は、帽子屋さんにとってOut of Season(季節外れ)でしょうね。帽子の似合う季節はもうすぐ。夏防止の並ぶ店内は、そう言っている。 使用機材 FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 FUJIFILM 単焦点レンズ XF35mmF1.4 R

こわごわとぽつらぽつら

恐々と人が商業施設に集まり始めている。デートする場所も必要だしね。 デート デートをする二人組がぽつらぽつら。ずっとステイホームでは滅入っちゃうからね。商業施設にデートに行くのも、少し悪いことをしている気分かも。 使用機材 FUJIFILM ミラーレス…

閑散の駅

休日の電車は空いていて、まだまだ警戒している雰囲気。 閑散 東京の駅は広く大きい。多くの人が電車を乗降するため、階段や通路、プラットフォームが大きい。 その大きさの中で人が少ないと閑散さを強く感じます。 使用機材 FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 F…

儚い夕焼け

今週は雨が少なく夕焼けも綺麗だ。梅雨の夕焼けというのは、なんだか儚い気がする。 儚い夕焼け 在宅勤務って、一日ずっと働いてしまいませんか? 気づくと全く外に出ていない一日というのがポツポツでてきています。雨ならともかく晴れている日はもったいな…

ただのスナップ、あるいは天然のティール&オレンジ

気になった風景はとりあえず写真に撮る。その後で、なぜ気になったかを考える。 23 23と書かれたバス停の存在感が気になって撮った写真です。一枚目は、バス停を寄りで撮って、少し引いて2枚目を撮りました。上の写真は2枚目の方。 写真を後で見返してい…

繊細

バラは品種改良が盛んで、今や数万種類のバラがあると言われている。それだけに花の色や形、大きさは様々だ。ただ、案外見過ごされるが、花びらの厚さも様々だ。 繊細 花びらが薄くて繊細だなぁと思い、撮った写真で、繊細さを強調するように撮りました。 ま…

お花

活けた切り花を外に持ち出して、道端の植物と並べてみた。こういうのもフラワーアレンジメントと呼べるのだろうか? フラワーアレンジメントとは、花瓶の中で花の配置を考えること、という固定概念が私の中にありました。今回はそれを壊して、花瓶を外に持ち…

階段

階段 どうも階段が好きで、撮りたくなります。どう撮ると素敵なのかまだ模索中だけども。 さて、先日、俳句を学ぶと写真に役立つと教えて頂いた。階段をお題に一句読んでみようかと、真面目に思っています。 使用機材 RICOH GRD3

直線

直線の多い風景だと思った。 直線 建物を縦に貫くパイプ、たぶん雨水を落とす排水パイプだと思う、これの存在感がありますね。細いパイプなのに。人の視覚は面白い 使用機材 RICOH GRD3

今日も終わり

3日前に梅雨入りしたそうだ。道理で雨が降り続いていたわけだ。だからといっていつまでも降り続くわけもなく、今日は良い天気。 暑い中で働いた重機もゆっくり休む。 今日も終わり 夕方、ふと外を見ると空が綺麗な色をしていました。慌ててカメラを持って外…

ベルベットの花

ベルベット(velvet)は英語、ビードロ(velludo)はポルトガル語、ベロアはロシア語。微妙に似ていて面白い。 ベルベット ベルベットに似た花びらです。落ち着いた、重々しさを感じます。それで、そういう雰囲気で撮ってみました。 使用機材 Nikon D90

思わぬ写真

気概無くカメラを構えてシャッターを切ると、思わぬ写り方をすることがある。興味のある部分しか見ていないのか、全体的に見ると変な写真になることがある。 下の写真も、そんな類のもの。何が写っているか分かるだろうか? Who is he? 昔々、友人の結婚式に…

お城

初めて訪れた場所。遠くに尖った塔が見えた。なんだろう?と近寄ってみるとまるでお城だった。新しい場所に行くのは面白いものだ。 お城 お城を撮ろうとしていたら、自転車のおじさんが突然フレームインしてきました。家に帰って見直していると、空の緊張感…

キミはPEANUTSを知っているかい?

スヌーピーとPEANUTSの関係を知っている子供は少ないかもね。そんなことを思いながらPEANUTS Cafeの前を通った。 黄色いネオン菅の色が気に入っています。 使用機材 RICOH GRD3

猛暑の梅雨直前

俳句は写真に役立つと言う。 猛暑の梅雨直前 今日はとても暑い日でした。記録的な猛暑だとか。一方で、梅雨直前だけあって夕時に広がった雲の力が強い。 さて、俳句が写真を撮るのに役に立つとコメント欄で教えてくれた方がいます。どういうことかと私なりに…

モッコウバラのある風景

撮ったときにはピンと来なかった写真も、後で見返すとン!っと思うときがある。 これもそんな写真。日の光を浴びてモッコウバラが輝くように見えたので撮ったけれど、その時は何か平凡に思えてピンと来なかった。今見ると、自分好みのスナップに見える。 モ…

梅雨の前

海の写真に見えて、実は空の写真なんです。雲の感じが気に入っています。 雲 雲の感じを強くしたくてlightroomで調整してもうまくいかなかったのですが、luminar4で調整したらすごく簡単でした。 使用機材 Nikon COOLPIX S9900

説明過多

説明ってものは、いつだって少なすぎるか多すぎるかのどっちかだ。 説明過多 パターンをみつけるのが好き。ただ、それだけでは何を写したか分からない写真になりがち。そこで、少し説明を加えるのですが、どうも説明が多すぎてわざとらしい気がする。つまり…

説明不足

説明ってものは、いつだって少なすぎるか多すぎるかのどっちかだ。 説明不足 パターンをみつけるのが好き。ただ、それだけでは何を写したか分からない写真になりがち。つまり説明不足。 そこで、少し説明を加えるのですが、どうも説明が多すぎてわざとらしい…

投げ込み、またはスナップ

花を飾ってみた。 花のアレンジメントの世界では、まず主役の花を決めてわき役の花や枝を配置するのだそうです。写真と同じだ。人の目は、主役一つ程度のシンプルな光景しか認識しないということなのだろう。 投げ込み 花のアレンジメントなどはやったことは…

大きな鉄格子を前にして、閉じ込められているのはあたし?それともあなた? 檻 写真の光景を見て、t.A.T.u.のプロモーションビデオが思い浮かんだ。 人を分ける壁があるとき、閉じ込められているのはどちらだろう?縛られて不自由とは何だろう?そんなことを…

目がくらんだ

初めて降りた駅、改札を抜けると目がくらむようだった。 縦と横の線が強い空間で、人がランダムに動いていて、不思議な場所にいる気分。 目がくらんだ 初めての場所ですが、縦と横の線の多さにびっくりしました。ここをデザインした人に、意図的なのかどうか…

空の青さと雲の白さ

今日の空はとても青く、強い太陽に作られた雲は力強く真っ白だった。 青い空と白い雲 世界で一番青い空を写せるフィルムは、モノクロフィルムである。誰かがそう言っていた。どんな綺麗な色の写真を目の前にしても記憶にはかなわない、そういう意味だと思っ…

おにぎり注意

いつもは観光客でにぎわう場所も、今年は閑散としている。観光客のおにぎりやサンドイッチを狙う鳥たちも、今年はお腹を空かせている。 お腹を空かせた鳥 カラスやトンビの多い場所で、特にトンビは人の手からおにぎりやサンドイッチをかすめ取っていきます…

空と砂浜

運動不足もあり長く歩ける場所を探した。 5月中は県をまたいだ移動を避けるという県の指針を守りつつ、人混みを避けられる場所ということで海に行った。 写真では人が多いように見えるかもしれないけれど、実際はそんなこともなく近所の公園よりも断然空いて…