記憶と記録

見えたことは事実ではなく自分というフィルタを通した記憶であり、さらに記憶は記録で上書きされる。写真とカメラ関係のブログです。

その他

「じゃない写真」と「13歳からのアート思考」で最先端の写真表現を知る

じゃない写真:現代アート化する写真表現 作者:渡部さとる 梓出版社 Amazon 渡部さとるさんの「じゃない写真」は、最先端の写真表現の様子を教えてくれる。 スマートフォンなどで写真を撮る人は多いと思う。そのたいていの人は「あれ?」と思う内容だ。誤解…

Luminar Neoのアップデートが配信

今朝Luminar Neoを立ち上げると、アップデートの知らせがあった。そのリリースノートには次のようにある。 「Skylumの開発センターの中心はウクライナのキエフにあり、現在ウクライナはロシアの酷い侵略の被害を大いに受けている。今後のアップデートは遅れ…

KPIについて少し詳しく

先日書いたKPIの記事に結構反響があったので、もう少し詳しく書いてみよう。実は、私は仕事でKPIの検討・設定をやっていたので割と詳しかったりする。 KPIをネットで検索するとたくさんの情報がみつかる。それらの典型的なパターンは、 サイトでの売上Yを上…

このブログのKPIについて

ちょっと生々しいのだが、このブログのKPIについて書いておく。 書くことによって考えを言語化し、それによって私自身の考え方を明確にするのが目的。さらに、これが誰かの役に立つかもしれないので、ブログに記そうと思う。 そもそもKPI(Key Performance In…

HEVC、H.265、HEIF等に関するまとめ

(写真:ぱくたそ(www.pakutaso.com)) 今年はiPhoneでも真剣写真を撮ってみよう。そう思って調べてみると、iPhoneの写真の保存形式はJPEGでなくHEIFだった。なんて扱いづらい。。。おまけに拡張子は .heicでなんの略語なのだか分からない。なんて分かりづ…

世界は私で溢れている

私が受験生の時、劇的に偏差値を上げた勉強法がある。それは、受けた模擬試験を繰り返し解くことである。実際、夏の模擬試験の問題を受験本番までに私は5回解いた。そういうわけで、大人になってからは厳選した本を繰り返し読むことにしている。 正月休みに…

野暮な私、でも書く

写真をどう撮ったとかを書くのは、野暮なことだと思っている。 でも、ソール・ライター展でコンタクトプリントを見たのは面白かったし、どう撮ったかを言語化するのは良いトレーニングになる。そこで、野暮なことをしようと思う。 お題は、先日アップした「…

お寒うございます、撮り直しを続ける朝

最強寒波到来だそうで、寒い日が続きます。 朝見ると、氷の結晶が成長して車のライトを覆うとしておりました。 結晶 写真を撮るのが上手な人は一発でバシッと決まるのかもしれないけれど、私はなかなか構図を決めきれなくて、繰り返し取り直すことが多い。上…

「写真を撮りたくなったら読む本」の感想(レビュー):掲載写真が豪華で、何度も見返してしまう。

タイトルにやられて、この本を買った。「写真を撮りたくなったら読む本」、素敵なタイトルだと思わないかい? それに著者が外国人というのも気に入った。アメリカ人やイギリス人のYoutubeを見ると、写真の撮り方が日本とはずいぶん違うのが分かる。ちなみに…

古い写真、ディズニーランドの一枚

古い写真を見返したら、ディズニーランドで撮った一枚が見つかった。忘れられない一枚だ(そう言いながら、見返すまでは忘れていたんだけど。。)。 パソコンの引っ越しをしたついでに、Windowsのフォトというアプリで自動仕分けした写真を眺めていた。そう…

パソコンデータのバックアップシステムを組んだので紹介します

データのバックアップ用にNAS(Synology DS220j)を買い替えた。この機会にバックアップシステムを設計したので、その記録を残します。 バックアップシステム 前提 バックアップ対象は、個人的に自宅で使っているパソコンとスマートフォンのデータ(仕事用のデ…

バックアップのとり方

写真のデータが失くなるのは悲しい。失くさないようにするには、バックアップをとるしかない。 上手くやると、安く高速にバックアップをとることができる。この記事は、そのためのバックアップのとり方の考え方を書いておく。 (ぱくたそ様から頂いた写真素…

ニコンD90を傍らに

10年ちょっと写真を撮っている。 初めて買った本格的なカメラはニコンD90。ブログを見返すと、2010年3月20日のことだったようだ。10年と7か月前のこと。当時はカメラが安くて7万円くらいだったと思う。それでも今考えると、衝動買いにしては高い…

富士フィルムのこと

私は、富士フィルムのカメラX-T2を愛用しています。 そのせいか、富士フィルムのカメラ事業部を応援していたりします。 WONDER PHOTO SHOPがリニューアル移転オープンしたと聞けば、店舗を覗きに行ったりします。 wps-jp.fujifilm.com また、素人応募の写真…

レンズのメンテナンス(掃除)方法

皆さんは、カメラやレンズの掃除はどうやっていますか? カメラは道具ですから使えば使うほど汚れてきます。カメラ本体はともかく、レンズを綺麗にしておくと、写真が綺麗に撮れて気分が良いです。ホコリの付いたレンズで逆光撮りすると、フレアが出るしね。…

ヒガンバナ(彼岸花)の撮り方のコツ

この時期に一斉に咲くヒガンバナは、桜と同様に毎年撮りたくなる被写体です。ヒガンバナの撮り方のコツをまとめておきます。 ヒガンバナの花の特徴は二つありますので、これらが映える構図を狙うのが良いでしょう。 特徴的な形をした花形 鮮やかな赤色 花形…

ブロワーを買い替えました

ブロワーを買い替えました。これまでは、アマゾンでみつけた一番安いものを使っていたのですが、HAKUBAのものに買い替えました。 HAKUBA メンテナンス用品 シリコンブロアーブラシ オレンジ KMC-60OR ハクバ Amazon 古いブロワーのどこがいけなかったのか? …

何を競っているのか?案外自明ではない。

写真家の内田ユキオさんが不定期で書いているエッセイ「Xにうってつけの日」が好き。抒情的な文章で意を汲み取るのが難しい部分も多いのだけれど、抒情的であるが故理屈を超えて伝わる部分も多い。 最近読んだ中で、解像力に関するものが興味深い。 もちろん…

GR IIIx だって

news.ricoh-imaging.co.jp RICOHからGR IIIxが発表されましたね。よかった。開発費が出続けているのだと思うと、安堵します。 GRistの末席にいるつもりでいる私としては、GR IIIxに興味津々です。 GR IIIとGR IIIxの大きな違いはレンズの焦点距離のようです…

勉強中の弟子

fulululu.hatenablog.com 何処でも見かける風景を、誰も見たことのないような写真に撮る人、自称「雑草マニア」さん。実は、私は昨年から「雑草マニアの弟子」を自称している。 弟子としては、雑草の勉強なんかもしております。これがなかなか面白くて、例え…

発見! 葉桜って綺麗

桜は満開を過ぎ、葉桜となっていく。 ご存知のように桜は落葉樹で、冬に葉を全て落とします。春になると、葉が出るよりも先に花が咲き、満開時には花だけがたわわに咲き、その姿は一面をピンク色にして幻想的。それだけに、満開を過ぎて葉が出てくると”葉桜”…

冬眠生活

新型コロナウィルスの感染対策のため発出されていた緊急事態宣言が解除されるようです。これで、緊急事態宣言は1月初旬からの2か月半で終わります。 色々と自粛を求められるこの期間、私は伊坂幸太郎の小説を読んでいました。 私は、小説は何度も繰り返し読…

最近良いなと思った動画

聞いて覚えるカメラ塾フォトコンテスト結果発表! 最近、Youtubeを見ていて、上の動画をすごく良いと思いました。 これは、オンラインプライベート写真紺テンスとの結果発表しているもの。コンテストのテーマは「花」。視聴者にInstagram/Twitterで写真を応…

ヒガンバナのRAW現像

ヒガンバナの写真を撮りました。ヒガンバナの特徴は、 真っ赤な花の色 独特な花の形 真上からヒガンバナを撮る構図は、これらの特徴が活きてインパクトのある写真になります。また、真上から撮ると、下草の緑色と相まって赤い花色が映えます(赤色と緑色は補…

サラ・ムーン (Sarah Moon)

サラ・ムーン 『雑誌Pen(2020/9/1号)「21世紀・写真論」』の中で写真家サラ・ムーン(Sarah Moon)が取り上げられていた。デジタルカメラの無い時代に写真を撮っていた写真家。 なんとなく気になり彼女の写真集を買ってみた。その写真からは、時間の止まっ…

雑誌Penの最新号(2020/9/1号)「21世紀・写真論」が良かった

カルチャーの雑誌Penの今月号のテーマは、写真。表紙のデザインが気に入って、即買いしました。大きい字で「Pen」、「21世紀写真論」、荒廃した土地・さまよう人・壁に描かれた象の写真。カッコいい。全体的にモノクロの色使い。「Pen」のフォントが丸いのに…

好きなもの、楽しいもの、個性

教科書通りの写真より、あなたらしい写真を撮るために。 上の動画では、写真を撮っている人を3つに分類している(動画3分20秒から)。 カメラという機械が好きな人 被写体が好きな人 写真を撮るのが好きな人 夫々に愉しみ方がある。 私は、(人ではなく)写真…

ピンときた「何か」

リコーのGRオフィシャルサイトのブログ記事が好きだ。更新される度に熟読している。今回のブログ記事も良い。 www.grblog.jp 写真を撮るときに、角度や距離を変えて構図を探すのは誰もがすること。このとき、あなたは何を考えているだろうか?漠然と構図を探…

言葉と記憶とイメージ

リコーGRの公式オフィシャルサイトがとても好きだ。コンテンツの質が高く、視点も幅広い。更新も頻繁に行われており、その度に熟読している。 今回は、芥川賞受賞作家の柴崎友香さんの文章が掲載されている。 www.grblog.jp 言葉と記憶とイメージとの関係は…

カラーグレーディングと、Love Scape

年に数回カメラ雑誌を買うことがあります。特集が気になったときや、掲載されている写真が気に入ったときに。 デジタルカメラマガジンの今月号(2020年7月号)は、その両方があって買いました。 特集が「カラグレで行こう!」と題して、写真の色を演出するテ…