記憶と記録

見えたことは事実ではなく自分というフィルタを通した記憶である。写真とカメラ関係のブログです。




雨上がり、曇った空

雨上がり、曇った空が床に反射している。 リフレクション アメリカの写真家ソウルライターの真似をして撮った写真です。リフレクション、帽子、俯瞰構図とてんこ盛りです。 使用機材 OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 OLYMPUS PEN mini E-PM2…

雨のミッドタウン

写真のプロジェクトを二つ抱えている。大したものじゃない。テーマを決めて継続した活動をプロジェクトと呼んでいるだけだ。 その一つが、ソウルライターの真似をした写真を撮ること。マットな色使い、リフレクションの多用、ガラス越しの構図、俯瞰構図。狙…

ガーデナー&フォトグラファー

育てているバラが咲き進む。終わった花を摘み取る作業を行っている。摘むには少し早い花をいくつか摘んで部屋に飾る。この時期は、部屋に花がいつもあり華やかだ。 摘んだ花はジョウロに投げ込んでおく 花瓶に移して部屋に飾る 自給自足シリーズ。下の写真は…

落書き

落書きには屈折した想いがこもっている。わざわざペイントを持ってきて、人に隠れて、書いてはいけない場所に描く。俺はここにいるぞ。そんな想いがこもっている。 落書き 今年撮った桜の写真を整理していて、上の写真が目にとまりました。 桜の華やかな雰囲…

ヒマワリを否定する

屁理屈だと思って聞いて欲しい。身の回りの何かを否定することから芸術は始まるそうだ。存在を否定するのではなくて、そのものが持つ特質を違うものに置き換える。 岡本太郎の坐ることを拒否する椅子もそんな感じだろうか。デジタルカメラは、フィルムカメラ…

じわじわ好きになる

写真の良し悪しは気にしない。人によって評価は違う。時期によって評価は変わる。なぜだろう? 椅子の白さ 上は気概無く撮った写真です。撮ったときは全然良いと思っていなかったのに、久しぶりに見返すと好きに感じます。椅子のクッションの白いところが好…

目立たないもの、だからこその存在感

大輪のバラという言葉がある。華やかで存在感のある花と言う意味だ。でも、それが良いとは限らない。小輪のバラには小輪ならではの良さがある。どっちがいいか?比べることには意味がない。 小輪のバラ 大輪のバラは存在感がありますが、単調になりがちです…

カッコ良かったり綺麗だったりしない普段の作業を淡々と

褒められようが褒められまいがやるべき事をやるべき時に淡々とする。禅のエライじいさんが言っていた。 日常とはそういうもので、やるべき事はカッコよくもなんともない場合が殆どだ。 日常作業 バラを育てています。自分で育てた花を自分で撮る、これを自給…

見方を変えて写真を撮る

普段見ない姿がある。見せないようにしているのか、ただ見ていないだけなのか。 もし見てないだけであれば、それが綺麗であればみつけて表現するのが写真だ。 後ろ姿 バラを撮るのは難しい。たくさん写真を撮っても、みんな似たものになります。なるべく色ん…

50,000人の写真展に応募しました

50,000人の写真展に応募しました。 photo-is.jp 富士フィルムさんが会場を提供してくれて、そこに自分の写真を貼りだせるという写真展です。会場は全国33か所に用意され、応募者はその中の1会場を選んで張り出します。私は東京会場(東京ミッドタウン)を選…

定番のスタイル

定番のスタイル。美容院の入り口に掲げられた色褪せたポスター。時間が流れても通用するスタイルをこれから想像する。つまり定番。 美容院 狭い入り口から2階に上がる階段、その先にある美容院の看板が通りに出ていました。手作り感や色褪せた感じが、流行を…

派手な手

色に目を引かれることは意外に少ない。日本は、茶色と黒と白などのおとなしい色が多いためだ。だからこそ、派手な色をみつけると視線をもっていかれる。 派手な手 散歩をしていて見つけたカラフルなスペースです。手の模様から強い印象を受けます。それ以上…

大渋滞

小物は増える。雑貨屋さん、ホームセンター、小物を売る店は多い。つい買ってしまうものなのだろう、小物ってやつは。連れ帰られた小物は塀の上で大渋滞していた。 大群の犬 散歩をしていると、犬の置物を玄関にびっしり置いたお宅をみつけました。それを撮…

何気ない日常の一コマを切り取ると、何も特別なものはなかった

なんでもない日常を切り取った一コマ。よくあるセリフだ。私の日常を切り取ると、だから何なんだというモノが写る。なんでもない一コマ。 サビた店 写真右のサビた金具を撮ると面白いかと思って撮りました。背景の白赤青のストライプのラインが清々しくてな…

自給自足

自給自足。自分でバラを育てており、その写真を自分で撮っている。被写体もカメラマンも自分で調達している。そんなことを考えていると、自撮りというのも自給自足の一種だと気づいた。 シャーロットオースチンという名のバラ 自分で育てているからこそ、最…

決め顔

猿回しのサルは、猿回し士をボスだと思い従うらしい。ボスが決め顔をした緊張感が伝わったのか、サルもキリっとカメラ目線をくれた。 決め顔 パフォーマンスを一通り終えた後に、カメラ目線をくれた猿回し士のお姉さん。猿も慌ててこちらを向いてくれました…

夕暮れの歩道

夕暮れの歩道。街路樹ものびやかに広がって気持ちよさそう。 歩道 神戸元町の大丸を撮った写真です。夕暮れ時の神戸はとても気持がいい。 使用機材 OLYMPUS 単焦点レンズ M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 OLYMPUS PEN mini E-PM2 Nikon デジタルカメラ COOLPIX S9…

ブレとトメ

写真のテクニックの一つがブレ。躍動感が出る。 ブレてる?ブレてない? 上は偶然撮れた不思議写真。天井から釣り下がった照明を撮ったもので、シャッター速度は1/8秒で、手振れしています。 壁は手振れしているのに照明の一部はブレてないように見えます。…

光の実験

斜めからの光は、被写体の質感を良く写す。表面の凹凸が作る影がしっかり出るためだ。下の写真も壁の質感が良く写っている。 光の実験 暗い中に光がさしているときの、その光のグラデーションが好きです。グラデーションだけ撮ってもなんのことか分からない…

窓から見た窓

窓から窓を見る。別に珍しいことではない。よく考えると割と普段している行動だ。そんな普段の中から面白いものを切り取るのが写真を撮ることだ。 窓から見た窓 逆光であり、窓以外の部分は真っ黒に見えたので、それをそのまま写しました。 使用機材 OLYMPUS…

青空

青い空。どうして気分が上がるのかは分からないが、清々しい気分になる。 青空 空を撮るのは難しい。構図が単調になりがちです。 それだけに構図を作る材料をみつけると嬉しい。大きなボーリングのピンが空のアクセントになると思い、上の写真を撮りました。…

赤のトンネル

赤のトンネル。住吉大社。 大阪の住吉大社にある赤のノボリのトンネル。

ねこづくし:岩合光昭を観てきた

カメラのイベントはなるべく行くようにしている。 岩合さんの写真展「ねこづくし」を見てきました。安い。800円で岩合さんの写真を堪能できました。 写真展を観るコツは、自分が一番好きな写真をみつけるようにみること。一枚だけ買うとしたらどれを買うか?…

見た目重視

きついカーブを描いた朱色の橋が池にかかっている。池の水面に反射した朱色も鮮やかに写る。神社によくある風景で、写真の定番構図。橋を渡る人をどの位置に置くか、それだけ考えて撮った。 朱色の橋 綺麗な円弧を描く橋ですが、この橋を実際に渡ると歩きづ…

地元を闊歩

その町ローカルな商店街。全国チェーンのお店にはない独自色が面白い。そこを闊歩する人々も地元ならではのリラックスした風情を醸す。 闊歩 出先でみつけた紳士服屋さんが良い雰囲気を出しています。店先に並べた洋服や大きめの値札が良い。街全体の雰囲気…

曲がった、その先

線路の曲がった先にはどんな風景が広がるのだろう? 曲がり線路 曲がった道路、曲がった川、曲がった線路、何かしら曲がった物をみつけると撮りたくなります。渡り通路が写真上部にあり、曲がった線路の先を囲むような額縁構図だと思いました。 使用機材 NIK…

面接前

就職活動の面接なのか?一瞬でそう思った。大学生くらいの女子が話もせずにじっと立って何かを待っている。よく見るとセーターを着ている人もいる。カジュアルなんだと思うと、何を待っているのか分からなくなった。 面接待ち 床に落ちたライトが好きで来る…

ゆったり試合の行方を眺める

フェンシングの試合を観戦。ゆったりと試合の行方を眺めている。 試合観戦 初めて見たフェンシングの試合。汗握って観戦という訳にはいきませんでした。試合の展開が読めずにただ眺めるだけでした。前ボケの男子の様子が私の心情を表すように写りました。 使…

勝敗は決した

RUSSIAと書かれたユニフォームの3人が抱き合っている。その後ろで座り込む男のユニフォームにはFRAの文字。勝敗は決した。 勝敗決する 高円宮杯フェンシングワールドカップ団体戦の一コマです。43対45でロシアチームが勝利しました。 団体戦の勝敗が決し…

消失点

縦横に繰り返されるパターンをみかけると撮りたくなる。コントラストとして斜めのラインもみつけると、撮らずにはいられない。 シェード 構図を考えるときには、コントラストを探すことは定番の手法です。上の写真では、縦と横に並んだラインと、ガラスに写…