記憶と記録

見えたことは事実ではなく自分というフィルタを通した記憶である。写真とカメラ関係のブログです。




怪しくも賑やかな新宿西口思い出横丁

新宿 思い出横丁

新宿 思い出横丁

 

 新宿西口の思い出横丁。

 戦後の闇市に端を発する小さな店が所狭しと軒を並べる商店街。焼き鳥屋、モツ焼き屋など安い店が並び、昭和な感じが色濃く残る。今ではすっかり観光地化して人通りも多く賑わっている。ただし怪しい雰囲気は健在で、初めて来る人は恐々歩いている。

 

 そんな怪しくも賑やかな様子を表そうと撮った写真。

 昼間でも薄暗い通りを示そうと、思い出横丁の入り口にある明るい看板を写真上部に入れ、横丁奥の提灯が灯っている構図を選んでいます。また賑やかな様子も示すため、人通りの多い瞬間を狙って撮影しました。

 カメラの設定で気にしたのは

  • 提灯の明るさが出るように露出を低めに設定。
  • 奥から常連っぽいおじさんたちがやってくる瞬間と、奥へ進む観光客っぽい若いカップルの両方が写るよう絞りは絞る。
  • シャッター速度が落ちて被写体ブレしないように、ISO感度は高めに設定。

 

使用機材

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN mini E-PM2 レンズキット ホワイト E-PM2 LKIT WHT