記憶と記録

見えたことは事実ではなく自分というフィルタを通した記憶であり、さらに記憶は記録で上書きされる。写真とカメラ関係のブログです。

モノクロ

普段使い

衣料品店のオマケでもらったサーモマグをよく使う。普段使い。 お気に入りとはまた違った普段使いというポジション。 普段使い デザイン性はともかく使い勝手の良さから普段使いになっている物ってたくさんあります。ボールペンや、食器など。 ヤマザキパン…

習作

習作 モノクロの練習に撮ってみた。 うーん、「だから何?」的な冴えない写真になった。 モノクロって難しい。 使用機材 FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 FUJIFILM 単焦点レンズ XF35mmF1.4 R

夏の暑さ

木の根元に落ち葉が散らばっている。夏の猛暑に葉を枯らしたのだろう。 夏の暑さ すっかり涼しくなってきましたね。夕方に出歩くことが多くなってきました。 晩秋に落葉するのは珍しくないけれど、どうしてこの時期に落葉したのだろうと考えてみると、夏の暑…

Luminar4が更新

Luminar4が更新されましたね。よく見ているブログを読んでいてそのことに気付きました。今回の更新で少し高速になったようですね。プリセット(Looks Panel)の上にマウスポインタを載せるだけで、それを反映した様子が大きな表示でなされるようになったのが嬉…

直線

直線の多い風景だと思った。 直線 建物を縦に貫くパイプ、たぶん雨水を落とす排水パイプだと思う、これの存在感がありますね。細いパイプなのに。人の視覚は面白い 使用機材 RICOH GRD3

思わぬ写真

気概無くカメラを構えてシャッターを切ると、思わぬ写り方をすることがある。興味のある部分しか見ていないのか、全体的に見ると変な写真になることがある。 下の写真も、そんな類のもの。何が写っているか分かるだろうか? Who is he? 昔々、友人の結婚式に…

説明過多

説明ってものは、いつだって少なすぎるか多すぎるかのどっちかだ。 説明過多 パターンをみつけるのが好き。ただ、それだけでは何を写したか分からない写真になりがち。そこで、少し説明を加えるのですが、どうも説明が多すぎてわざとらしい気がする。つまり…

説明不足

説明ってものは、いつだって少なすぎるか多すぎるかのどっちかだ。 説明不足 パターンをみつけるのが好き。ただ、それだけでは何を写したか分からない写真になりがち。つまり説明不足。 そこで、少し説明を加えるのですが、どうも説明が多すぎてわざとらしい…

目がくらんだ

初めて降りた駅、改札を抜けると目がくらむようだった。 縦と横の線が強い空間で、人がランダムに動いていて、不思議な場所にいる気分。 目がくらんだ 初めての場所ですが、縦と横の線の多さにびっくりしました。ここをデザインした人に、意図的なのかどうか…

空の青さと雲の白さ

今日の空はとても青く、強い太陽に作られた雲は力強く真っ白だった。 青い空と白い雲 世界で一番青い空を写せるフィルムは、モノクロフィルムである。誰かがそう言っていた。どんな綺麗な色の写真を目の前にしても記憶にはかなわない、そういう意味だと思っ…

テレワーク

服装によって所作が変わる。カジュアルな服を着ていればリラックスした動作をするし、スーツを着ていればピシッとした動作をする。男子の服は、女子のメイクに似ている。 最近カジュアルが多いのはそれが楽だからなんだけど、所作を戻せるか自信が無くなって…