記憶と記録

見えたことは事実ではなく自分というフィルタを通した記憶であり、さらに記憶は記録で上書きされる。写真とカメラ関係のブログです。

モノクロ

すれちがい

ライナスとルーシーが歩いている。 スヌーピーは日本では人気キャラクターだけど、その登場人物を知っている人は案外少ない。 使用機材 RICOH GRD3

新宿

新宿と言えば、コミック「シティーハンター」を思い出します。雑多な人間が働き生活している街。人が多く集まる分、種類も多くなる。今風に言えば、ダイバーシティ。新宿 構図が狙いすぎていて小恥ずかしい。雨の日だったので、地下通路に向かって歩いている…

影絵

コスモスを買ったので、それを色々な風に撮って遊んでいます。楽しい。 さて、写真は引き算ということで、右側部分を取り除いてみた。あっさりし過ぎていて、引き過ぎな気がする。色々難しい。それが楽しい。 使用機材 FUJIFILM ミラーレスカメラ X-T2 FUJIF…

昼休み

昼休み 昼休みにはオフィスから出て、外の空気に触れよう。 使用機材 FUJIFILM ミラーレスカメラ X-T2 SAMYANG f2.0 12mm NCS CS

これなーに?

いつも見ているものから色を除き、向きを変えると違ったものに見えたりするときもある。 使用機材 FUJIFILM ミラーレスカメラ X-T2 SAMYANG f2.0 12mm NCS CS

就活

オフィス街でリクルートスーツを着ている人を見ると、就活がんばってと心の中で呟いてしまう。人と比べられるシステムに飛び込むのは大変。 使用機材 FUJIFILM ミラーレスカメラ X-T2 SAMYANG f2.0 12mm NCS CS

ポツンと

ボツンと 都会の真ん中で誰もいない、そんな光景が珍しくて撮りました。 使用機材 FUJIFILM ミラーレスカメラ X-T2 SAMYANG f2.0 12mm NCS CS

モノクロの威力

鳥居が撮りたくて、色々試したけれど。モノクロにするのが一番目立つことが分かった。 使用機材 FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 FUJIFILM 単焦点レンズ XF35mmF1.4 R

下町

むかしどこかに遊びに行ったときのスナップを、見返していた。 ここは何処だろう? 元画像は凄く傾いていたので写真を加工しています。あれこれ加工しているうちに、彩度を落とすとしっくりきました。 ところで、これを撮ったときは何も考えていなかったのだ…

クルクルぐるぐる

モノクロ写真の練習をしています。 この写真は、カラーで撮ったものをモノクロ化しています。カラーよりも断然面白くなった。 使用機材 CANON IXY210

教科書通り

モノクロの練習をしています。これが、なかなか難しい。コツというか、抑えどころが良く分からない。 そこで、「すずちゃんの理解して学ぶカメラとレンズ」を読んでみると、モノクロ写真は質感に注目して撮るとありましたので、木の幹のデコボコを撮ってみた…

お話上手になりたい

話の上手な人がいる。彼らの話を聞いていると、情景が浮かぶ。 写真も同じなんだろうね。情景が浮かぶように、というか情景が伝わるように写せると良いのだけど、なかなか上手にはいかないね。 使用機材 FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 FUJIFILM 単焦点レンズ…

モノクロしばり

今日の散歩は、モノクロしばり。カメラの設定をモノクロJPEGにして撮っていく。脳のいつもと違う部分が刺激される気がするというか、いつもの部分が空振りしている気がする。 使用機材 FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 FUJIFILM 単焦点レンズ XF35mmF1.4 R

前ボケボケボケ

前ボケ写真の練習をしていて、ボケボケの写真が撮れた。 フィルムシミュレーションはACROSS。 使用機材 FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 FUJIFILM 単焦点レンズ XF35mmF1.4 R

良い天気

今日は良い天気だ。気持ちが良い。 使用機材 FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 FUJIFILM 単焦点レンズ XF35mmF1.4 R

桜のピンクをやめてみた

桜の花をピンクに撮るのをやめた。桜にはピンク以外の特徴もあるのだから。力強い枝ぶり、明るい日差し、花を見る人、、などなど。 さくら 桜の花が咲くと気分が上がり写真を撮りたくなりますよね。この時期の撮影枚数が毎年グッと増えませんか? さて、ソメ…

グラデーション

光を見る。写真を撮る基礎技術としてよく言われる言葉だ。 光の方向を見ること、光の硬さを見ることだと思っていた。最近、Youtubeを見ていて、グラデーションという言葉を知った。 グラデーションとは明るさが場所によって少しづつ変わるという意味のようだ…

古民家

落葉した木の枝と古民家の組み合わせが、とても美しく思えた。 古民家 大きな屋根の瓦が印象的だったので、モノクロに仕上げてみました。そのおかげか、冬の印象が強くなったと思います。 使用機材 RICOH GRD3

普段使い

衣料品店のオマケでもらったサーモマグをよく使う。普段使い。 お気に入りとはまた違った普段使いというポジション。 普段使い デザイン性はともかく使い勝手の良さから普段使いになっている物ってたくさんあります。ボールペンや、食器など。 ヤマザキパン…

習作

習作 モノクロの練習に撮ってみた。 うーん、「だから何?」的な冴えない写真になった。 モノクロって難しい。 使用機材 FUJIFILM ミラーレス一眼 X-T2 FUJIFILM 単焦点レンズ XF35mmF1.4 R

夏の暑さ

木の根元に落ち葉が散らばっている。夏の猛暑に葉を枯らしたのだろう。 夏の暑さ すっかり涼しくなってきましたね。夕方に出歩くことが多くなってきました。 晩秋に落葉するのは珍しくないけれど、どうしてこの時期に落葉したのだろうと考えてみると、夏の暑…

Luminar4が更新

Luminar4が更新されましたね。よく見ているブログを読んでいてそのことに気付きました。今回の更新で少し高速になったようですね。プリセット(Looks Panel)の上にマウスポインタを載せるだけで、それを反映した様子が大きな表示でなされるようになったのが嬉…

直線

直線の多い風景だと思った。 直線 建物を縦に貫くパイプ、たぶん雨水を落とす排水パイプだと思う、これの存在感がありますね。細いパイプなのに。人の視覚は面白い 使用機材 RICOH GRD3

思わぬ写真

気概無くカメラを構えてシャッターを切ると、思わぬ写り方をすることがある。興味のある部分しか見ていないのか、全体的に見ると変な写真になることがある。 下の写真も、そんな類のもの。何が写っているか分かるだろうか? Who is he? 昔々、友人の結婚式に…

説明過多

説明ってものは、いつだって少なすぎるか多すぎるかのどっちかだ。 説明過多 パターンをみつけるのが好き。ただ、それだけでは何を写したか分からない写真になりがち。そこで、少し説明を加えるのですが、どうも説明が多すぎてわざとらしい気がする。つまり…

説明不足

説明ってものは、いつだって少なすぎるか多すぎるかのどっちかだ。 説明不足 パターンをみつけるのが好き。ただ、それだけでは何を写したか分からない写真になりがち。つまり説明不足。 そこで、少し説明を加えるのですが、どうも説明が多すぎてわざとらしい…

目がくらんだ

初めて降りた駅、改札を抜けると目がくらむようだった。 縦と横の線が強い空間で、人がランダムに動いていて、不思議な場所にいる気分。 目がくらんだ 初めての場所ですが、縦と横の線の多さにびっくりしました。ここをデザインした人に、意図的なのかどうか…

空の青さと雲の白さ

今日の空はとても青く、強い太陽に作られた雲は力強く真っ白だった。 青い空と白い雲 世界で一番青い空を写せるフィルムは、モノクロフィルムである。誰かがそう言っていた。どんな綺麗な色の写真を目の前にしても記憶にはかなわない、そういう意味だと思っ…

テレワーク

服装によって所作が変わる。カジュアルな服を着ていればリラックスした動作をするし、スーツを着ていればピシッとした動作をする。男子の服は、女子のメイクに似ている。 最近カジュアルが多いのはそれが楽だからなんだけど、所作を戻せるか自信が無くなって…