記憶と記録

見えたことは事実ではなく自分というフィルタを通した記憶であり、さらに記憶は記録で上書きされる。写真とカメラ関係のブログです。

空の青さを知る人ヨ

 私は半年ほど前から富士フィルムのカメラX-T2を使っています。富士フィルムのカメラを使っていていると、写真の色に敏感になってきます。

 富士フィルムのカメラには、フィルムシミュレーションと呼ぶ絵作りの設定があります。ニコンのピクチャーコントロールやキヤノンのピクチャースタイルと同種の機能です。ただ、富士フィルムのそれが特徴的なのは、絵作りを変えるふり幅が大きいこと。

  下の2枚は、フィルムシミュレーションの設定を変えたもの。空の色が全然違います(詳しく言えば、下の方が彩度が低めでさらに緑に寄った青になっています)。

f:id:kota2009:20200119103810j:plain

フィルムシミュレーションをVelviaに設定した場合

 

f:id:kota2009:20200119103811j:plain

フィルムシミュレーションをClassic Chromeに設定した場合

 

 これだけ絵作りが変わると、「どう使い分けるの?」って思いませんか?

 私は、伝えたいイメージで使い分けています。

 上の写真の空の色は、夏の空なんですよね。下の写真は、冬の空。つまり、夏休みに清々しい空を見たというイメージだと上の写真にしますし、冬に空気が冷えて凛とした空を見たというイメージだと下です。

 季節以外にも色からイメージするものはあります。例えば天気を考えると、上の写真は目いっぱい晴れているイメージ。それに対して下の写真は薄曇りのイメージです。

 ちなみに、グラフィックデザイナーはフォントでイメージを伝えます。筑紫明朝体は女性らしさ、ヒラノギ角ゴシック体は力強さ・男らしさなど。

 写真は、フォント以上にたくさんのイメージを伝えます。色やコントラストが変われば、伝わるイメージも変わります。富士フィルムのカメラを使っていると、色について考える機会が増えます。

 

 井の中の蛙大海を知らず、されど空の青さを知る。

 井戸から見える僅かな空を見続けて、空の色の変化を見分けることも、写真撮りには大切なのです。