カメラブログ

 趣味でカメラを触っています。カメラ関係の内容を記します。




APS-Cとマイクロフォーサーズはどちらがボケるか? 評価してみた

 APS-Cマイクロフォーサーズはどっちがボケるか?

 もちろんレンズによってボケ量が変わる。この質問をする人は、同じボケをする場合にAPS-Cマイクロフォーサーズのどちらのレンズが安いか?を知りたい筈だ。

 被写体にはピントを合わせ背景をボカす、写真を撮るときの定番の構図だ。背景のボケる量はレンズによって変わる。レンズのF値が大きいほど良くボケることは下のエントリで説明した。

delight.hatenablog.com

 

delight.hatenablog.com

 では、マイクロフォーサーズ大三元レンズOLYMPUS M.ZUIKO ED 12-40mm F2.8 PROと APS-Cの安価なレンズ AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6 G VRはどちらがボケるのだろうか?

 撮像素子のサイズが違うため、なかなか比較は難しい。実は同じ画角の焦点距離で比較した場合、ボケの大きさはf/Fに比例する(fは焦点距離)。

 まずは広角側、35mm換算で焦点距離27mmの画角の場合、下の表のようになり、APS-C(AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6 G VR)の方が良くボケることが分かる。

撮像素子 レンズ f F f/F
APS-C AF-P DX NIKKOR
18-55mm f/3.5-5.6 G VR
18.0 3.5 5.1
マイクロフォーサーズ OLYMPUS M.ZUIKO ED
12-40mm F2.8 PRO
13.5 2.8 4.8

 

 次に望遠側、35mm換算で焦点距離80mmの場合、下の表のようになる。こちらはマイクロフォーサーズ(OLYMPUS M.ZUIKO ED 12-40mm F2.8 PRO)の方が良くボケる。ちなみにAPS-CF値が3.7のときf/F=14.3となり、マイクロフォーサーズと同程度のボケとなる。

撮像素子 レンズ f F f/F
APS-C

AF-P DX NIKKOR
18-55mm f/3.5-5.6 G VR

53.3 5.6 9.5
マイクロフォーサーズ OLYMPUS M.ZUIKO ED
12-40mm F2.8 PRO
40.0 2.8 14.3

 

値段比較

 価格コムで現在価格を調べると、

と圧倒的にAPS-Cの方が安い。広角側を使うのであればAPS-Cの方が良くボケるため、APS-Cがお得である。

 一方、望遠側を使うのであればAPS-CではF値3.7必要となる。これに相当するのは、AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VRあたりで、現在価格は9万3千円である。焦点距離80㎜(35㎜換算)でボケを求めるならマイクロフォーサーズがお得である。

 

 まとめ

 撮像素子の異なるカメラのボケの量を比較するのは難しい。

 ボケの量がf/Fの大小で比較できることを使って、マイクフォーサーズOLYMPUS M.ZUIKO ED 12-40mm F2.8 PROを評価した。

 焦点距離が27mm(35mm換算)を使うのであればAPS-Cには安価で良くボケるレンズがあるが、80mm(35mm換算)を使うにはマイクロフォーサーズの方が安価で良くボケる。