記憶と記録

見えたことは事実ではなく自分というフィルタを通した記憶であり、さらに記憶は記録で上書きされる。写真とカメラ関係のブログです。

ぐるぐる回ったり、クルクル回したり

 スーパーでレアチーズケーキを買って帰った。物撮りの練習用に。

f:id:kota2009:20200915151250j:plain

ギザギザが目立つのはどこだ?

 

 外出自粛やら在宅勤務やらが始まった4月、物撮りの練習をすると決めた。

 最初はネットを調べて、反逆光で手前にレフ版を置いて影を起こす、そんな撮り方をしていた。まぁ、分からないから形を真似ている状態。

 数を撮っているうちに、「どうして反逆光で撮らないといけないの?」「どうして影を起こさないといけないの?」などなど納得していない部分に違和感が残った。だって、意図なくセオリーに乗っかって撮るっておかしいよね。

 

 今日は、クリームのギザギザが目立つように撮ると決めた。これが意図。一番ギザギザが目立つのはどの角度だろう?ケーキの周りをぐるぐると回ってカメラ位置を決める。ケーキを回すとまた見え方が変わる。ケーキの向きを変えたら自分の立ち位置をぐるぐる回って探す。そうして、ぐるぐる自分が動いたり、ケーキをクルクル回したりして撮ったのが上の写真。

 楽しかった。

 

使用機材

Nikon D90