記憶と記録

見えたことは事実ではなく自分というフィルタを通した記憶であり、さらに記憶は記録で上書きされる。写真とカメラ関係のブログです。




高いレンズと安いレンズどっちがいい絵が撮れるか?

 カメラ雑誌・Web記事のレンズレビューは分かりづらい。例えば、新製品のレンズレビューを読んでいても、それがほかのレンズと比べた表現になっていないためだ。

 

 カメラ雑誌でレンズのレビューを見ていると 、書かれていることは大体決まっている。

  • シャープに写るか
  • ボケが綺麗か
  • 周辺の光量落ちがあるか
  • 周辺が流れるか

  これらに対して書かれる内容も決まっていて、

  • シャープに写って、
  • ボケも奇麗で
  • 光量落ちは少しあるが気にならなくて
  • 周辺は少し流れるが気にならない

いつも、こんな書き方ですよね?これだと、他のレンズと比較してないから、レンズを買うかどうか決められない。

 

 レンズの比較記事を見ていると、高いレンズも安いレンズもまぁ同じ絵が出るという感じだ。

 


高いレンズ Vs. 安いレンズ!Sony の85㎜は、一体どこまで違うの?20万円のレンズ & 6万円のレンズで撮れるポートレート!RAW現像もあり【イルコ・スタイル#336】

 

 

お題「カメラ」